FC2ブログ

サラリーマン的競馬予想 Second☆Stage

理論?法則?サイン?いえいえ、頼りになるのはやっぱ直感でしょう! そんなサラリーマンによる素人予想です。

20年10月18日の予想結果

東京11R オクトーバーステークス
芝2000m
国際・特指 3歳以上オープン 別定
天候:曇 芝:稍重
16頭

1着 ①テリトーリアル 石川裕紀人(8人気)
2着▲⑭パンサラッサ 藤岡佑介(4人気)
3着 ⑨オウケンムーン 吉田豊(10人気)
以下
5着○⑪マイネルサーパス 石橋脩(6人気)
11着◎⑧ロシュフォール 三浦皇成(2人気)

単勝①3,750円
馬連①-⑭12,470円
馬単①-⑭34,960円
3連複①-⑨-⑭152,650円
3連単①-⑭-⑨1,328,450円
ハズレ

京都11R 第25回秋華賞(GⅠ)
芝2000m
国際・牝・指 3歳オープン 馬齢
天候:晴 芝:稍重
18頭

1着 ⑬デアリングタクト 松山弘平(1人気)
2着 ⑫マジックキャッスル 大野拓弥(10人気)
3着 ⑧ソフトフルート 藤岡康太(9人気)
以下
9着○⑤ウインマイティー 和田竜二(3人気)
13着◎②リアアメリア 川田将雅(2人気)
17着▲⑩クラヴァシュドール M.デムーロ(7人気)

単勝⑬140円
馬連⑫-⑬2,670円
馬単⑬-⑫3,140円
3連複⑧-⑫-⑬17,920円
3連単⑬-⑫-⑧44,110円
ハズレ

(今日の一言)
秋華賞。
やっぱりデアリングタクトは強かった。
無敗の牝馬3冠達成。こういう偉業は一生のうちでそう何度も見れないもんだから、そういう意味では良いレースだった。
来週のコントレイルにも是非向無敗で3冠を達成してもらって牡馬牝馬同一年に無敗の3冠馬誕生という歴史的場面を見たいものです。
にしても今日の2着以下はデアリングタクト以外の人気どころ総崩れ。
これはこれで穴党としては獲っておきたいレースだった…。

↓競馬ランキング参加中。
スポンサーサイト



京都11R 第25回秋華賞(GⅠ)

思い起こせばわずか2年前。
アーモンドアイが牝馬3冠に挑戦。
近年まったく実績の無かったオークスからぶっつけ本番ってことでそこがどうなのか!?何て思ってたけど単勝1.3倍の圧倒的人気に応えて見事3冠達成。
そして今年もまた圧倒的人気で、しかも同じオークスからのぶっつけ本番。
さらには無敗のまま3冠なるか!?と言う注目の一戦となるデアリングタクト。
競馬ファンとしては是非無敗の3冠達成の場面を見たい!
でも、穴党馬券派としては敗れて欲しい!
これはなかなか悩ましいですぞ。

穴馬券も当たってかつデアリングタクトの3冠達成も見るならば馬券の選択肢はワイドしかない。
デアリングタクトはもう勝ったとの想定で、2着3着予想の意味での以下予想。

◎は②リアアメリア。
昔は秋華賞っつったら夏場休んで秋初戦にローズSを叩いてからってのが鉄板ローテーション。
昨年、そして一昨年と2年連続オークスからのぶっつけ本番組が勝っているけれど、でもその勝ち馬が昨年はクロノジェネシス、一昨年はアーモンドアイ。
今や牡馬相手のGⅠでも勝ってしまうレベルのお馬として有名。
今年のデアリングタクトもそういう今である可能性は多いにあるけれど、それ以外の17頭は果たして・・・なレベル。
だったら素直にローズS勝ち馬を買っておきましょうってだけの話。
この馬もデビュー戦、そして2戦目のアルテミスSの走りから牝馬3冠もあるか!?と思わせるほど強いレースをしてた。
それがGⅠ戦線でちょっと結果を残せず今やそこまで注目もされないほど。
でも、よく戦績を眺めたらオークスも4着と素質は高いものを見せていたし、前走のローズS勝ちでまだまだ力は衰えていないことを認識させてくれた。
デアリングタクトは強い!
そのデアリングタクトにどこまで肉薄できるかが今日の注目。

相手○は⑤ウインマイティー。
始めて同世代一線級との対戦となったオークスで人気薄ながら3着に好走。
秘めた素質がようやく開花・・・の兆しが見えた。
休み明け初戦の紫苑Sは人気を裏切ってしまったけれど、狙いはあくまでもここ秋華賞。
それに前走も敗れたとは言え勝ち馬との差はわずかコンマ3秒やし最速の上がりの末脚を繰り出した。
叩かれた上積みは必ずある。

▲は⑩クラヴァシュドール。
まだ1勝馬ながらもこれまで大敗したのはオークスのみ。
他は重賞で常に掲示板確保。
阪神JFで3着、桜花賞で4着とGⅠでも好走。
夏休みを挟んだローズSは5着ながらもそこは叩き台。
そして成長力あるハーツクライ産駒。
本番の今日でその成長力を見せつけてくれると信じる。

【買い目】
◎②リアアメリアからワイド流し
相手
○⑤ウインマイティー
▲⑩クラヴァシュドール

↓競馬ランキング参加中。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

東京11R オクトーバーステークス

寒い!
昨日はほんまに寒かった!
おとといまでとの日中の気温差が5度くらいはあったやろ。
こんなに急に気温が下がったら身体がついてこなくて体調もおかしくなっちまうやないの。
でも、頭だけは「正常」な状態を保って冷静かつ大胆に競馬予想。

◎は⑧ロシュフォール。
恐らく人気。
でもこの面々ではこの馬しかないでしょ。
まずは何と言っても東京コース3-0-0-0と勝率100%の好相性。
昨年2月の今回と同距離・コースのアメジストSの勝ちっぷりも準オープンクラスながらオープン級のなかなか優秀な時計だったしね。
昨年の夏競馬で惨敗続きで戦線離脱。
前走は約1年ぶりの競馬だったけれど5着に。
やっぱり素質は高いと思わせてくれたし、最後の直線が長いコースもこの馬には向いていることを認識。
今回の顔ぶれを見ると恐らく流れは平均ペース。
この馬の差しが届くと見ている。

相手○は⑪マイネルサーパス。
今年2月の今回と同距離・同コースの白富士Sでも2着に好走とこのコースでの実績もある。
昨年秋のアンドロメダSでは今回人気の一角③フランツにも勝っている。
重賞ではちょっと厳しい面があるものの、オープン特別では上位争いは出来る力の持ち主。
58kgはやや厳しいかも知れないけれど、ここではまだまだ軽視禁物。
人気を落としている今回が狙い目。

▲に⑭パンサラッサ。
前走の神戸新聞杯でも一発を期待して狙ったお馬。
結局は大敗だったけれど、初めて左回りに戸惑ったのと、距離が長かったと陣営は分析。
今回は距離短縮と2度目の左回りで慣れが見込めるのと、さらに3歳馬と言うことで斤量面でも有利に働くのえではと思ってもう一度狙ってみる。
ただ、東京2000で逃げ馬には不利な外枠。
そこがどう出るか…。

【買い目】
◎⑧ロシュフォールからワイド流し
相手
○⑪マイネルサーパス
▲⑭パンサラッサ

↓競馬ランキング参加中。

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

20年10月11日の予想結果

京都11R 第55回京都大賞典(GⅡ)
芝2400m
国際・指 3歳以上オープン 別定
天候:晴 芝:稍重
17頭

1着◎⑬グローリーヴェイズ 川田将雅(3人気)
2着 ②キセキ 浜中俊(1人気)
3着 ⑰キングオブコージ 横山典弘(2人気)
以下
4着○③シルヴァンシャー 北村友一(8人気)
7着▲①ダンビュライト 松若風馬(5人気)

単勝⑬620円
馬連②-⑬1,170円
馬単⑬-②2,590円
3連複②-⑬-⑰3,280円
3連単⑬-②-⑰17,470円
ハズレ

東京11R 第71回毎日王冠(GⅡ)
芝1800m
国際・指 3歳以上オープン 別定
天候:曇 芝:稍重
11頭

1着 ⑨サリオス C.ルメール(1人気)
2着◎⑤ダイワキャグニー 内田博幸(4人気)
3着 ⑦サンレイポケット 荻野極(5人気)
以下
4着○⑩カデナ 三浦皇成(6人気)
6着▲⑥トーラスジェミニ 木幡育也(8人気)

単勝⑨130円
馬連⑤-⑨580円
馬単⑨-⑤680円
3連複⑤-⑦-⑨1,690円
3連単⑨-⑤-⑦3,430円
ハズレ

(今日の一言)
今日の東西メインはいずれも注目馬がそれなりの結果を残し、レースとしては面白いものだった。
が、問題は馬券だ。
いずれもワイドで買って軸馬が馬券に絡むも相手がいずれも4着とはこれいかに!?
こういう馬券は非常にストレスが溜まる!

↓競馬ランキング参加中。

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

東京11R 第71回毎日王冠(GⅡ)

秋競馬も開催が東京に開催が変わるとなんか気分的に盛り上がって来る。
そして今日のこのレースの注目は何と言っても⑨サリオス。
春の2冠はいずれもコントレイルの2着。
もしもコントレイルと同世代では無かったら…と、シルクの出資者は皆思っていることだろう。
そのコントレイルは菊花賞に向けて神戸新聞杯から始動し快勝。
サリオスは菊花賞では無く古馬相手のGⅠ戦線に向かう。
果たしてどんな競馬を見せてくれるのか非常に楽しみではある。

で、だ。
レース的にはサリオスに大注目やけど、この馬を買っていては馬券的にはちっとも面白くない。
ましてや11頭立てと少頭数。
人気も集中すること必至だろう。
だったら穴党としては別の馬を狙うしかない。
…てことで◎は⑤ダイワキャグニー。
とにかく東京で走る。
逆に言えば東京でしか走らない。
だったら素直にここは買いでいいじゃない。
台風の影響で今日も馬場状態がよろしくないことは間違いない。
ならば休み前に走った今回と同距離同コースで、しかも不良馬場だったエプソムカップを勝利した事実も◎に推す後押しにもなる。
今回は去勢されての休み明け。
これが良い方に働くと信じての買い。

相手○は⑩カデナ。
何と言っても大阪杯4着の実績。
東京コースは中距離実績がモノを言うからね。
こういう実績は重視したいですわな。
宝塚記念は相手が強すぎたか大敗したけれど、休み明け初戦となった新潟記念は6着ながらも勝ち馬との差はたったコンマ3秒。
有力馬は休み明け。
この馬は一度使われた強みがある。
その差で何とか上位に食い込むことが出来るんじゃないかと目論んでいる。

▲は⑥トーラスジェミニ。
今春の不良馬場のエプソムカップで最低人気で3着の激走。
その再現を狙ってみる。
今回も馬場悪化は必至。
エプソムカップでの激走が悪化した馬場だったのだとしたら今回も十分可能性があるじゃない。
そして今回も単騎逃げ濃厚。
逃げ粘りは十分ある。

【買い目】
◎⑤ダイワキャグニーからワイド流し
相手
○⑩カデナ
▲⑥トーラスジェミニ

↓競馬ランキング参加中。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル