FC2ブログ

サラリーマン的競馬予想 Second☆Stage

理論?法則?サイン?いえいえ、頼りになるのはやっぱ直感でしょう! そんなサラリーマンによる素人予想です。

阪神11R 第60回宝塚記念(GⅠ)

さあ上半期総決算宝塚記念ですよ!
…でも。
やっぱり今年も頭数が…。
確かに強い面々が出てはいるけれど、それでもやっぱりファン投票1位のアーモンドアイが居ないのはさみしいよね。
そりゃ馬の体調や関係者の都合もあるんだろうけど、ファンが一番出て欲しい!と思ったお馬が出ない。
これじゃあファン投票の意味って一体…そう思わざるを得ません。

愚痴はこれくらいにして予想に。
何てったって上半期総決算。
これは当てたいでしょ!…いや、当てねばならんでしょ。
やっぱり何かの区切りで良い結果を残すのは大事やからな。
そのな多大な期待を託しての◎は④アルアイン。
何と言っても阪神巧者。
何と言っても大阪杯勝ち馬。
成績も安定しているし、ここでも大敗は無いでしょう。
鞍上の北村友一騎手との相性も良いし、その北村友一騎手に待望のGⅠ勝利をもたらしたお馬。
北村友一騎手も大きな自信を持って今回も挑むんじゃないかな。
GⅠで自信を持って乗れる、こういうのってかなり大事やからな。

相手〇は①キセキ。
この馬も成績が安定して信頼できるお馬やけども、なぜかGⅠではあともう少し足りない感じ。
いつ勝ってもおかしく無い力はあるんだろうけど、やっぱりそういう運命のお馬ってのもいるからね。
今回も当然勝ち負けにはなるんだろうけど、前走大阪杯で◎馬に負けているし、昨年のこのレースでも人気して8着だったのがちょっと気がかり。
そういう意味では相手筆頭評価まで。

最後に。
個人的に海外帰り初戦のお馬って人気するけど結果が伴わないケースが多いように感じている。
なので馬券的妙味を考えて今回も海外帰り初戦となる3頭の人気馬はバッサリ切ります。

【買い目】
◎④アルアインから馬連流し
相手
〇①キセキ
▲③エタリオウ
△⑦マカヒキ

↓競馬ランキング参加中。
スポンサーサイト



テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

東京11R 第69回安田記念(GⅠ)

春のGⅠも大詰め。
残すは今日のこの安田記念と宝塚記念を残すのみ。
月日が経つのは本当に早いものです。

さて安田記念。
何と言っても注目は⑭アーモンドアイの参戦。
…ですが!まず最初に言っておこう。
「この馬は切る!」
ま、理由は人気し過ぎて馬券的妙味がゼロだから。
それに個人的には海外遠征帰りの馬はなぜだか海外遠征前のパフォーマンスを発揮できない傾向にあるような気がする。
あの強さはどこ行った!?みたいな。
この馬がそうなのかは別にして、そういう不安な面もあるという意味ではこの人気で買うリスクが大きい気がするので。
なのでこの馬が勝って馬券がハズレても別に何とも思わないし、逆に不安要素を一蹴するような圧倒的強さを見せてくれたらそれはそれで「すばらしいレースをありがとう!」と拍手を送ります。

で、馬券の◎は⑮ダノンプレミアム。
この馬もアーモンドアイ同様まだ1回しか負けてない。
そして実績からも中距離寄りのマイラータイプな感じ。
すなわち、東京のマイルが舞台の安田記念はこの馬にとってはもってこいの条件です。
同世代のアーモンドアイとは初対戦となるのもまた興味深々。
どちらが最強マイラーなのかもまた今日の見どころの一つでしょうな。
川田騎手も今年好調、ルメールも騎乗停止明けで燃えていることでしょう。
リーディング争いしているジョッキー同士の対決もまた見どころ。
この2頭以外の脇役…と言っちゃ失礼なくらい他のメンバーも例年にないほどの強力な顔ぶれ。
まさにJRAの現役マイラーのトップクラスが終結した今年の安田記念は久々に見どころたくさんの面白いレースとなりそうだ。

【買い目】
◎⑮ダノンプレミアムから馬連流し
相手
〇⑧ステルヴィオ
▲②アエロリット
△⑦モズアスコット
×⑬ペルシアンナイト
☆④サングレーザー

↓競馬ランキング参加中。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

東京11R 第86回日本ダービー(GⅠ)

さあ日本ダービー。
競馬関係者はもちろんのこと、オレら一般の馬券ファンでも是非とも当てたいレースの一つ。
まあ未勝利戦だろうがダービーだろうが別に配当が変わるワケでも無いんやけども、やっぱり気持ちの問題ね。
ダービーが当たると憂鬱な月曜の朝も少し気分よく目覚められるような気がする。
そして穴でも取れたらもっと気分が良くなる。
何だったらその勢いで会社休んじゃおう!みたいな。(←それはアカン)

つーわけで、明日の朝が重たい気分になるか、気持ちよい目覚めになるか。
すべてはこの馬にかかっている。
◎は⑫アドマイヤジャスタ。
重賞未勝利。
それでも今回圧倒的人気を背負う⑥サートゥルナーリアにGⅠホープフルSで2着したことのある馬ですよ。
皐月賞は8着に敗れたけれど、ちょっと位置取りも悪かったし、中山はなかなかトリッキーなコースでもある。
これで負けたからと言って評価を下げるほどのことはない。
さらに、今回はデムーロが騎乗。
本来はサートゥルナーリアはデムーロのお手馬。
どこの誰の意向か知らないけれど、結果もキッチリ残してたのに前走はルメールに乗り替わり。
表には出さずとも複雑な思いがあるだろう。
今回はサートゥルナーリアに挑戦する側の立場。
でも、鞍上はサートゥルナーリアを知り尽くしているデムーロ。
方やサートゥルナーリアはルメールが騎乗停止で乗り替わり。
代打は短期免許ながらもその実力を見せつけているレーン騎手。
ただテン乗りや。
ましてやダービーや。
いくら名手でもダービーの舞台で圧倒的人気馬を任され、気負うな言うてもそりゃ無理やて。
どこかに心理的な隙も出来るってもんやで。
ましてや全馬にマークされる形。
これは逆転のチャンスは十分あるやろ。
デムーロも先週のオークスを勝って、ようやく本領発揮と言った感もあるしね。
馬自身もこれまで2着を外したのは前走の皐月賞だけ。
なのに思ったほど人気も無い。
これはオイシイ馬券の使者になること間違い無いわ!

相手は素直に皐月賞上位組に流す。
ダービーは基本皐月賞上位組または皐月賞上位人気組が強いから。

そして穴☆は⑨ニシノデイジー。
皐月賞で本命にした馬。
ここで馬券を外してハズレても悔しい話。
皐月賞時に信じたその能力。
もう一度ここで確かめたい意味でも押さえておく。

【買い目】
◎⑫アドマイヤジャスタから馬連流し
相手
〇⑬ヴェロックス
▲⑥サートゥルナーリア
△⑦ダノンキングリー
×⑩クラージュゲリエ
☆⑨ニシノデイジー

↓競馬ランキング参加中。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

東京11R 第80回オークス(GⅠ)

難しい!
先週のヴィクトリアマイルも難しかったが今週も難しい!
…まあ毎年オークスは難しいんやけどね。
だって全馬が未知の距離に挑むワケやから。
適正云々なんて分からない。
ましてや気持ちで走る面が強い牝馬だけに当日の気分次第でどうなることやら…。

困ったときは素直になるに限る。
と言うワケで、◎は⑧ダノンファンタジー。
桜花賞では人気を背負って負けたものの、何と言ってもGⅠホース。
何と言っても重賞3勝馬。
この実績は今回のメンバーでは断トツです。
距離適性に関しては分からん。
でもそれは冒頭にも述べたように全馬共通で言えること。
なのでここは距離適性よりも能力の差で何とかなると信じよう。

相手〇は②クロノジェネシス。
前日発売終了時点では◎馬よりも人気しているね。
先週ヴィクトリアマイルを勝ったノームコアの妹ってのも人気の要因なのかな?
まあクイーンC優勝、阪神JF2着、桜花賞3着を考えれば妥当な評価か。
それにバゴの産駒だけに距離も何だか持ちそうやしね。
でも、兄弟(姉妹)にはあまり長距離実績のあるお馬がいないぞ。
やはり根拠も無いのに「希望的観測」で買うのは危険な話。
対戦成績では◎には実際に勝ててない。(桜花賞では先着もタイム差無しやから。)
ここは現実を直視してここまでの評価が妥当だろう。

穴☆は⑯ビーチサンバ。
新馬戦以外は勝ってないけれど、それでもそれ以降は重賞ばかり使われ常に好走。
東京のアルテミスS、クイーンCで共に2着ってのも心強い。
この時期は経験値が大きくモノを言う。
東京までの輸送、そして馬場を2度も経験しているのは大きなアドバンテージだと見る。
そこに加えて勝ててはないものの2着2回だからコース適性も「ある」と言って良いだろう。
穴と言えるほど人気は落としてないけれど、それでも実績と経験を考えてのこの人気(前日発売終了時点17.5倍の8番人気)はオイシイと思う。
牝馬のレースに強い福永騎手ってのも心強いし、穴指名ながらも大きな期待をしている。

【買い目】
◎⑧ダノンファンタジーから馬連流し
相手
〇②クロノジェネシス
▲⑪シゲルピンクダイヤ
△⑬ラヴズオンリーユー
×④シェーングランツ
☆⑯ビーチサンバ

↓競馬ランキング参加中。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

東京11R 第14回ヴィクトリアマイル(GⅠ)

いやー難しい!
毎週のように言ってる気もするが今週は特に難しい。
今春のGⅠで一番難解なメンバーになったのでは無かろうか。
どの馬にもチャンスあり。
何が勝ってもおかしくはない。
そんな印象。
10連休明け最初の馬券購入。
連休の反動で久々の労働で疲れ切った身体を癒すにもさくっと当てたいところだったが、これは難しい…。
今回は久々に手広く行こうか。

まず◎は④ノームコア。
何と言っても安定感。
春の段階からどんな相手でも堅実に走ってきた。
現4歳牝馬世代と言えばアーモンドアイ。
そのアーモンドアイとは意外にも未対戦。
すなわちアーモンドアイと一緒に走ったお馬たちともほぼ未対戦。
なので能力の比較は単純にできないけれど、秋華賞トライアルも勝ったし、女王杯も5着に健闘。
ならば4歳牝馬世代でも能力は高いと素直に受け止めよう。
前走は人気を背負って負けてしまったけれど、まあ長い競走馬生活の中で常に上位ってのは難しいもんです。
逆に前走負けたことで人気を落としているのならオイシイ話。
前走は休み明けだったこともあるし、今回は必ず上積みもあるはずだしね。
それに鞍上のレーン騎手も絶好調で心強い存在。
昨日も重賞をを含め4勝の固め勝ち。
その勢いでここでもアッサリは十分あると思う。

相手〇は⑦ミッキーチャーム。
この馬もまだまだ底は見せていない。
秋華賞でもアーモンドアイ相手の2着になった実力馬。
そして今回のヴィクトリアマイルと相性の良い阪神牝馬Sも勝ったしでここは相手筆頭に相応しい。
本命では無いのは今回逃げたい馬が他にもいるしでこの馬の出方が分からないところ。
逃げなかった場合どんな競馬をするのか、馬自身が戸惑って本来の力が出せないのじゃないか?
そんな不安もあり実力は認めつつもここまでの評価にした。

穴☆は⑩ミエノサクシード。
人気薄ながら今年はマイル重賞を2戦していずれも3着。
ここに来てマイルでの安定感が増してきた感じ。
左回りの成績が若干気がかりながらも今の安定感なら一発あってもおかしくはない。

【買い目】
◎④ノームコアから馬連流し
相手
〇⑦ミッキーチャーム
▲⑥ラッキーライラック
△⑨プリモシーン
×⑮カンタービレ
☆⑩ミエノサクシード

↓競馬ランキング参加中。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル