サラリーマン的競馬予想 Second☆Stage

理論?法則?サイン?いえいえ、頼りになるのはやっぱ直感でしょう! そんなサラリーマンによる素人予想です。

阪神11R 第59回宝塚記念(GⅠ)

上半期の締めくくり、そして春競馬の総決算の宝塚記念です!!
…と言いつつも、頭数的には揃ったものの、ちょっと競走実績的には寂しい顔ぶれ。
やっぱりこの時期に宝塚記念は考え直す必要があるんじゃないかな?
近年はダービーやオークス参戦組からはもちろん、安田記念組からの参戦もなし。
だったらもう安田記念と同日開催で東西のメインがGⅠなんて形でもいいんじゃね?!
大阪杯も出来たし、このままでは宝塚記念の存在意味がますます薄れそうな気がして寂しい。

そんなこんなで残念な意味での混戦ムードの宝塚記念。
だったら素直に強い馬を買っておこう。
◎は③サトノダイヤモンド。
海外遠征したらその後はサッパリ…のパターンにはまりつつあるけれど、まあこのメンバーでは実績上位は間違いない。
単勝1番人気は当然として、それでも前日発売終了時点のオッズが4.6倍とはちと甘く見られすぎ。
大阪杯では確かに期待を裏切った形になったけども、あれは乗り替わりの影響があったのかも知れない。
が、今回は主戦のルメール騎手が戻ってくる。
帰国初戦となった金鯱賞でもルメール騎乗で3着だったように、このコンビ復活なら信頼しても良い。
それに宝塚記念は5歳馬が強い。
今回も6頭の5歳馬が出走するが、その中では実績は断然。
オレはサトノのお馬さんとの馬券相性は個人的には良くないけれど、ここは軸として信頼する。

相手○は⑯キセキ。
もう大レースは外人ジョッキーを買っておけばOK!
…なんてそんな単純な理由では無いことも無い(どっちやねん)けども、他にもお手馬とも呼べるお馬がいる中でこの馬を選んだデムーロ騎手の判断を信じよう。
菊花賞後は海外遠征で結果出ず。
帰国初戦の日経賞でも結果出ず。
それでも阪神コースは実績もあるし、角居センセイも「気持ちを切り替えさせた」とコメントしているように、ここ2戦の大敗は気持ちの問題であって能力の問題では無かったと信じたい。

穴☆は⑤ストロングタイタン。
オープン特別を勝ちきれなかったとは思えないほどのパフォーマンスで鳴尾記念をレコード勝ちした内容を評価。
ここに来て本格化と信じたい。
今回は距離延長とは言え、同じ阪神コースをすばらしいパフォーマンスで快勝した実績は甘く見ることは出来ない。
それに昨秋には東京、京都で重馬場で2着が2度ある。
今日のレース時の馬場状態は分からないけれど、かなり渋るようならチャンスは広がると見ている。

【買い目】
◎③サトノダイヤモンドから馬連流し
相手
○⑯キセキ
▲⑬ワーザー
△⑦パフォーマプロミス
×⑨サトノクラウン
☆⑤ストロングタイタン

↓競馬ランキング参加中。
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

東京11R 第68回安田記念(GⅠ)

今日は前置き無しで早速予想。

◎は⑫ヒーズインラブ。
このお馬はオレがシルクホースクラブで一口出資しているお馬です。
そんなお馬がGⅠに出走ですよ!
まったく人気は無いけれど、GⅠに出走できる機会なんてそう何度もあるもんじゃない。
ここは応援&記念で買わねばなるまい。

まあそれを差し引いても前走で重賞ダービー卿を勝っているし、それを含めても昨年暮れから走りに安定感も出てきている。
今が充実の時期なのだろう。
良績は中山に集中しているけれど、今の出来の良さでここはクリアしてくれると思っている。
相手もダービー卿の時とは比べ物にならないほど強いが、逆にここで上位に食い込むようならこの先楽しみだ。
そんな意味でも今日はテレビの前で一人大声援を送る。

相手○は⑤ペルシアンナイト。
皐月賞2着に大阪杯2着と2,000mのGⅠで2度2着の実績。
この実績は東京コースの安田記念では心強いデータ。
さらに昨年のマイルCS勝ちとマイル適性は申し分無い。
もしも⑫ヒーズインラブが出ていなければこの馬を本命にしていただろう。
この馬もヒーズインラブと同じくハービンジャー産駒。
最近ハービンジャー産駒の活躍が目に付く気がする。
ここのワン・ツー・フィニッシュなんてことになると嬉しい限りです。

穴☆は⑧キャンベルジュニア。
ダービー卿、京王杯と連続2着。
ようやくこの馬の本来の力が戻ってきた感じがするね。
東京コースの相性も良いし、先週のダービーでもまったくの人気薄を3着に導いた石橋騎手騎乗ってのも何だか不気味。
メンバー的にもスローになりそうで、先行脚質であるこの馬に有利な流れになりそうなのもますます不気味だ。

【買い目】
◎⑫ヒーズインラブからワイド流し
相手
○⑤ペルシアンナイト
▲⑮サングレーザー
△①スワーヴリチャード
×⑪リアルスティール
☆⑧キャンベルジュニア

↓競馬ランキング参加中。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

東京10R 第85回日本ダービー(GⅠ)

競馬関係者なら誰もが夢見る日本ダービー。
それは馬券ファンである我々も同じ。
他のレースよりも当てたい気持ちが強い(ですよね?)
今月馬券がまだ1度も当たっていない現状。
でも、ダービーさえ当たればもう文句は無い。

が、今年のダービーはいつもと違う。
前日発売終了時点の1、2番人気がいずれも皐月賞でも無くトライアルでもない別路線組。
例年は皐月賞組が圧倒的に強く、穴でトライアル組が飛び込む図式。
果たして今年はどうなるのか!?

でもオレはセオリーどおり皐月賞組から狙う。
そして皐月賞馬の力を信じて◎は⑫エポカドーロ。
メンバー的にも大混戦。
だったらもう素直に皐月賞馬を買いましょうよって話。
確かに人気はあまり無かったし、展開に恵まれたという声もある。
が、現実勝っているんです。
春の牡馬クラシック第一戦で世代の頂点に立った馬なんです。
展開の助けがあったにせよ、GⅠを勝つなんてことはそもそも地力が無いと出来ませんて。

相手○は⑮ステルヴィオ。
前走皐月賞で初めて馬券圏外(4着)へ。
それだけが影響?してか、何と前日発売終了時点では単勝16.0倍の6番人気。
そんなに人気落とす!?皐月賞では2番人気だったお馬ですよ!?
父がロードカナロアってことで距離が不安視されているのでしょうか。
でも、もう忘れたの?
先週のオークス。
ロードカナロア産駒のアーモンドアイが圧倒的な強さで勝利しましたよ。
鞍上はルメールだったよ。
これは先週のデジャヴか?という場面も十分あるでしょ。

穴☆は⑯ジェネラーレウーノ。
ダービーでは外枠が分が悪い。
特に8枠。
昨年18番ゲートながらも1番人気だったアドミラブルの3着が最高で、過去10年馬券にすら絡んでいない。
が、何てったって皐月賞3着馬ですよ。
外枠だって理由だけで切ってちゃ痛い目に遭いそう。
皐月賞でも穴☆指名して3着に。
今回も穴で狙ってみたい。

【買い目】
◎⑫エポカドーロから馬連流し
相手
○⑮ステルヴィオ
▲①ダノンプレミアム
△⑤キタノコマンドール
×⑰ワグネリアン
☆⑯ジェネラーレウーノ

↓競馬ランキング参加中。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

東京11R 第79回オークス(GⅠ)

さあ!いよいよ牝馬クラシック第二弾オークスです。
来週はダービー。
春競馬の盛り上がりも頂点というところでしょう。
3歳牝馬戦線は2歳女王決定戦の阪神JF、そして桜花賞とほぼ勢力図は変わらなかった。
果たしてここでも同じ傾向は続くのか!?

穴党としては波乱にも期待したいところ。
そんなわけで◎は桜花賞とは別路線組から⑧サトノワルキューレ。
まずは前走のフローラS勝ちを評価したい。
始めての輸送、始めての左回りもあっさりクリア。
今回も問題は無いだろう。
何より桜花賞組と比べての優位な面は距離経験があること。
京都の梅花賞、阪神のゆきやなぎ賞といずれも500万条件戦ながら2,400mを2度経験したのは大きい。
その梅花賞では3着、ゆきやなぎ賞では優勝と牡馬相手に勝ち負け出来たのも大きい。
桜花賞の1着~3着馬はいずれもここまでマイル以上の経験が無い。
この時期の牝馬にとってこの経験の差は大きいと見る。
鞍上もデムーロ。
下手な騎乗はするまい。

相手○は⑬アーモンドアイ。
何てったって桜花賞馬。
消す理由は無いわな。
が、◎の項目でも述べたように距離経験が無いのがちと不安。
血統的にも2,400mはちと長くない?
(オークスがもしも2,000m戦だったら間違いなくこちらを◎に選んだことだろう)
未知な面には魅力もあれば不安もある。
今回は不安な部分が大きいのでこの評価まで。

穴☆は⑤カンタービレ。
◎と同様、桜花賞とは別路線組。
でも、ある程度このメンバーともやれる下地はあると見ている。
出走取り消しになってしまったけれど、④トーセンブレスを物差しにするとトーセンブレス阪神JF、桜花賞ともに4着。
牝馬クラシック戦線では上位の部類ですわな。
そんなトーセンブレスにフラワーカップで勝利。
だったら桜花賞上位馬相手でも十分勝ち負けの可能性もある。
4戦2勝2着2回とまだ底を見せていない魅力もある。
調教時計だけ見るなら◎馬よりも良い動き。
一発ムードがありますな!

【買い目】
◎⑧サトノワルキューレから馬連流し
相手
○⑬アーモンドアイ
▲②ラッキーライラック
△①リリーノーブル
×③マウレア
☆⑤カンタービレ

↓競馬ランキング参加中。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

東京11R 第14回ヴィクトリアマイル(GⅠ)

2018年上期のGⅠレース9戦目。(J・GⅠ含む)
当たったのは天皇賞のみ。
しかも馬連約10倍の激安配当。
上期のGⅠもここを含めてあと5戦。
馬券全体の成績もかなり不振な今年。
残りのGⅠを全部当てるつもりで行く!

◎は⑩アエロリット。
前日発売終了時点では単勝3.8倍ながらも1番人気。
こんな人気するとは思ってなかったなぁ。
今回は他にも有力馬が結構揃っているからね。
それだけの有力馬の中で押し出される形で1番人気と言うことは、オレみたいな考えの馬券ファンが多いと言うことかな。
とにかく、東京のマイルは昨年のNHKマイルCを牡馬相手に勝っているように得意なコースと言える。
(その時負かした相手がその後パッとしない成績のお馬ばかりなのは気がかりだが…)
さらに今年初戦となった前走の中山記念でも牡馬相手に2着。
やっぱり牡馬相手に互角の走りが出来る馬は牝馬同士なら勝ち負けでしょ。
マイル以上の距離で実績があるのも東京マイルを考える上で大きなプラス材料。
あとはオッズが動いてこの馬軸でもオイシイ馬券となることを穴党としては祈るのみ。

相手○は②ミスパンテール。
今回◎にした馬の主戦は横山典騎手。
が、横山典騎手が今回選んだ?のはこのお馬の方。
確かに重賞3連勝を含む4連勝の勢いは今回のメンバーでは抜けている。
その重賞3連勝は全て横山典騎手での手綱。
その時の手ごたえでGⅠホースよりもこっちを選んだのかな。
ただ、左回りの経験が昨年のオークスのみ。
距離がまったく違うと言えちょっと負け過ぎた感は否めない。
輸送が問題だったのかも知れない。
そんな不安要素もあり、悩んだ末の◎では無く対抗○評価まで。

穴☆は⑦カワキタエンカ。
恐らく今回は単騎逃げ。
逃げてナンボのこの馬にはまさに願ったりな展開になりそう。
マイル戦は今年の2月に京都で走って大敗。
そのあたりは気がかりやけども、わずか200m距離が伸びただけの1,800m戦では重賞勝ちもある。
東京マイルではこういうマイル以上の距離実績がモノを言う…場合もある。
今週から東京はBコースとなり内らち沿いにキレイなコースが出現。
馬場の良いところを単騎逃げなら前残りもあるでしょ。

【買い目】
◎⑩アエロリットから馬連流し
相手
○②ミスパンテール
▲①レッツゴードンキ
△⑪アドマイヤリード
×⑯リスグラシュー
☆⑦カワキタエンカ

↓競馬ランキング参加中。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

FC2Ad