FC2ブログ

サラリーマン的競馬予想 Second☆Stage

理論?法則?サイン?いえいえ、頼りになるのはやっぱ直感でしょう! そんなサラリーマンによる素人予想です。

中山11R 第68回スプリングステークス(GⅡ)

これまでに何度も書いておりますが、3歳クラシックのトライアルレースの馬券のポイント。
それはズバリ「3着に入らねば本番への出走権が無い馬」を狙うこと。
賞金的に出走可能なお馬は当然100%の仕上がりが本番になるべくここは仕上げ途上で使ってくる。
いわゆる「叩き台」ってヤツですな。
方や権利の無い馬はここで権利を獲らねば良くて抽選、最悪出走不可ですからね。

当然この時点で賞金的に権利を持っていると言うことは、ここまでにそれなりの大きいレースを勝っているということ。
ハッキリ言えば権利の無いお馬との力差があるってことです。
ですが。
先に述べたようにここは実績あるお馬にとっては「叩き台」。
権利を必死に獲りに来る馬とは仕上がりの差があるのです。
本番での勝ち負けではなく、今日このレースの出走時点で言えば、本番への出走権が現時点で確定していないお馬にもこの仕上がりの差で逆転の可能性があるってワケです。
馬券的にも人気の盲点になりやすいし。

で、狙いたいのは「実績があるのに権利が無い」お馬。
そんなお馬は今回居るのかな?
ハイ、おりました。
◎は⑬シークレットラン。
中山コース3戦2勝。
前走の重賞京成杯でも4着と重賞実績もありコース実績もあります。
中山芝1,800mは外枠有利。
このスプリングSも例外ではなく大体6枠前後が活躍の傾向。
そういう意味でも今回は7枠なら願ったり叶ったり。
実績あるお馬たちもそれなりに不安要素もある今回のメンバー。
十分勝ち負け出来ると思う。
でも馬券は弱気万全を期しての複勝で。

【買い目】
◎⑬シークレットランの複勝1点。


↓競馬ランキング参加中。
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

阪神11R 第67回阪神大賞典(GⅡ)

かつてナリタブライアンとマヤノトップガンが名勝負を繰り広げた阪神大賞典。
近年もゴールドシップやサトノダイヤモンドなんかの名馬も優勝はしている。
が。
毎年思うが「寂しい顔ぶれになったもんだ」と。
今年はGⅠホースすら不在。
これで春の天皇賞を目指す馬のステップレースなの!?
何だか「割りと好メンバーが揃ったオープン特別」レベルに成り下がった感じで寂しいもんです。

さて。
JRAでも数えるほどになった長距離重賞の一つ。
3,000mもの長丁場となるとやっぱり適性がモノを言います。
つーわけで◎は②リッジマン。
前走の有馬記念は度外視。
ちょっと相手が強すぎました。
ステイヤーズSを勝っているように、長距離適性は間違いない。
後は相手関係。
で、冒頭で述べたように今回のメンバーは「豪華なオープン特別」級。
ここなら負けないでしょ。
人気どころと比較しても、⑨ドマイヤエイカンにはステイヤーズSで勝っている。
⑪コルコバードには丹頂Sで勝っている。
後は⑩シャケトラとの力関係だけ。
そのシャケトラは前走1年以上のブランクで勝利。
当然今回も人気やとは思っていたけど…え?前日発売終了時点で単勝1.9倍!?
これまで戦って来た相手も強いし阪神コースも好相性。
が、それを差し引いてもこれは正直売れ過ぎ。
競馬あるあるの一つ「2走目のポカ」ってやつも十分あるのに。
だったらオッズ的にも◎②リッジマンの方が旨味があるってもんです。
ここは強気の単勝勝負!

【買い目】
◎②リッジマンの単勝1点


↓競馬ランキング参加中。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

阪神11R 第53回フィリーズレビュー(GⅡ)

さあ桜花賞トライアル。
先週のチューリップ賞に強豪が揃ったせいか、こちらに多くのお馬が回ってきましたな。
さて、トライアルレースの馬券を獲るにはどうしたらよいのか。
競馬歴26年目のオレの経験上、案外答えは簡単です。
「ここで負けたら本番に出走が難しい馬(本賞金900万以下)」を狙えばよいのです。
出走権のある馬はここは本番に向けての叩き台。
いわば強めの調教みたいなもんですわ。
逆に権利の無い馬はここが本番。
桜花賞は一生に一度の舞台です。
その舞台に向けて目一杯で仕上げてくるでしょう。
総合力では権利のある馬にやや劣るけれども、今日この一戦に限って言えば仕上げの差で権利のある馬との差が埋まる…いや、逆転しているかも知れないからね。

そんな中で◎は⑮ジュランビル。
9月のききょうS3着、そして前走の万両賞で優勝と、阪神1,400mの舞台は2度も経験済み。
そして結果を残している。
さらに重賞ファンタジーSでも3着と、今回出走の本賞金900万円の馬の中でのこの実績はダントツとも言えるのでは無いかな?
時計的にも芝1,400mで1分21秒台の時計を持っているのはこの馬だけやしね。
これなら仕上がりの差でオープン勝ちや重賞で連対しているお馬にも逆転可能では無かろうか。

またこれだけの実績がありながら、前日発売終了時点で複勝4.1-5.2倍。
単勝が7.9倍であることを考えたらこれは完全に「単穴人気」している。
複勝が完全に人気の盲点になっている。
単勝で狙おうかとも思ったけれど、このオッズなら複勝でもオイシイ。
この馬の力を持って3着以内に入ればいいと考えたら十分オイシイ条件やん。
馬券を当てたいっても少しある(ホンマに少しか?)のでここは複勝狙い。

【買い目】
◎⑮ジュランビルの複勝1点。

↓競馬ランキング参加中。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

中京11R 第55回金鯱賞(GⅡ)

なかなかの好メンバーが揃った。
さすが大阪杯への前哨戦だけのことはある。
逆に天皇賞・春の存在感が心配だ…。
日本競馬のトレンドはどうしても2,000m前後が中心であり、3,000m超のレースなんて数えるほどしか無い。
興行的にも長距離戦はメンバーが揃わないから売り上げも…てことかも知れないけれど、もっと下級条件から長距離レースを増やせば5年10年かかるかも知れないけれど、ステイヤー路線も確立して興行としても面白いものになると思うのだが。

それはJRAへの要望としてここで小さな声を挙げるにとどめるとして、まずは今年未勝利の馬券成績を何とかせねば。
そこで強豪メンバーの中から穴っぽいところの複勝馬券で狙ってみる。
◎は⑦ギベオン。
何と言っても強い4歳世代。
この馬も6戦して掲示板を外したのはたったの1回。
あとは有馬記念を勝ったブラストワンピース相手に毎日杯2着、GⅠNHKマイルカップ2着など決して今回のメンバーでも見劣りしない成績を残している。
そして前走は今回と同じ舞台、中京芝2,000mの中日新聞杯を勝っている。
これを含めて左周りも2-1-0-0とまだ底を見せていない。
唯一不安があるとすればたった1回負けたのが休み明けだった時。
今回も3ヶ月ぶりのレースがどうかやけども、そこは伸び盛りの4歳。
精神的にも肉体的にも成長しているだろうから問題無いと思う。
強豪相手にどんな走りを見せてくれるのか楽しみの方が大きい。

【買い目】
◎⑦ギベオンの複勝1点。

↓競馬ランキング参加中。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

中山11R 第56回弥生賞(GⅡ)

3月3日です。
女の子の節句です。
が、今日の中山では牡馬たちのクラシックへの戦いが始まります。
いよいよ競馬も盛り上がって参りました!

今日のレースは①ラストドラフトと②ニシノデイジーの実質2強対決か。
若駒だけに何が起こるかは分からないけれど、この2頭のこれまでの実績を考えたらまあ大波乱は起こるまい。
穴党としては起こって欲しいけどね。
2者択一。
どちらを選ぶか。
結論◎は②ニシノデイジーにする。
何と言っても重賞2勝にGⅠホープフルS3着。
今回と同じ舞台のホープフルSで3着に破れたとは言え、これは最内枠が仇になった形。
スムーズならさらに上の着順があった。
賞金的にも皐月賞出走は確実ではあるので目一杯の仕上げでは無いであろうけれど、この相手なら負けられない。
ここで「好走」レベルなら本番では厳しいからね。
中山巧者の多いハービンジャー産駒。
ここで血統的にもここでキッチリ結果を出して本番に向かってくれると思う。

【買い目】
◎②ニシノデイジーの単勝1点

↓競馬ランキング参加中。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

FC2Ad