サラリーマン的競馬予想 Second☆Stage

理論?法則?サイン?いえいえ、頼りになるのはやっぱ直感でしょう! そんなサラリーマンによる素人予想です。

東京11R 第55回アルゼンチン共和国杯(GⅡ)

来週からの怒涛の7週連続GⅠ(+暮れに変則でホープフルS)に向けて今週はちょっと一旦中休み。
この3連休初日には大井競馬場でJBC。
来年は初めて京都競馬場でJBCが開催。
JRAのGⅠは休みでも、地方と連携して競馬を盛り上げていってくれるのはファンとしては嬉しい限りです。

さてアルゼンチン共和国杯。
頭数は揃ったものの、実績面でちょっとメンバー的に寂しい感じ。
すなわち予想がそれだけ難しいということ。
◎は⑭レコンダイト。
春から休みを挟んで3戦連続5着。
普通ならちょっと物足りなさを感じるところやけど、今日の面々なら逆にこの安定感が頼もしい。
その3戦とも結構人気薄での結果やから穴党としても嬉しい限り。
調教の動きも抜群で、もしかしたらこの年齢でさらに成長!?
成長力あるハーツクライ産駒だけに案外あるかも。

相手○は⑥プレストウィック。
昨年と同じローテーションでここへ。
でも昨年は丹頂S4着からの参戦だったのに対し、今年は堂々優勝しての参戦。
すなわち、昨年とは出来が違います。
確実に成長しています。
距離はもちろん問題無いし、あとはシュミノー騎手の乗り方次第ってところかな。

穴☆は⑬ハッピーモーメント。
ここ2走は不信やけども、東京コースに替わる今回は警戒が必要。
何と言っても母父トニービンですから!(←古い思考)
まあそれはともかく、春には今回と同じ条件の目黒記念で3着。
今回は相手がそれほど強力では無いだけに、この実績を素直に信じて穴指名。

【買い目】
◎⑭レコンダイトから馬連流し
相手
○⑥プレストウィック
▲⑪アルバート
△④スワーヴリチャード
×①セダブリランテス
☆⑬ハッピーモーメント

↓競馬ランキング参加中。
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

東京9R 第19回東京ハイジャンプ(J・GⅡ)

最近馬券の調子が悪い。(←最近じゃなく前からやろ)
こういう時は流れを変えることが必要だ。
どうやって変える?
それはいつもと同じようなレースを買ってりゃ流れも変わらないだろうから違うレースを買うしか無い。
JRAで違うレースと言えばもう選択肢は「障害」しか無いでしょ。
つーわけで、かなり久々に障害重賞を買ってみる。

⑨オジュウチョウサンは現在のJRAの障害競走の絶対王者。
今回は骨折休養明けとなるけれど、多分負けないでしょうよ。
でも、競馬に絶対は無い。
10回走ったら9回は勝つだろうけど、1回くらいは2着になることもあるだろう。
その1回くらいが今回にならないかな、という淡い期待を込めて馬券検討。

検討の結果の◎は⑦グッドスカイ。
牝馬で障害で活躍してるお馬って珍しいよね。
牝馬は平地競走で結果が出ないと大体は繁殖に上がってしまうからね。
最近じゃコウエイトライってお馬が牝馬ながら重賞を勝ちまくってたっけね。
(最近と言っても引退したのが2011年秋だからもう6年も前か・汗)
このお馬も平地を未勝利で障害入り。
するとイキナリ2連勝。
これはセンスがありますよ。
障害は平地の脚よりも飛越センスが重要やから。
コウエイトライ級の活躍をする下地は十分ありますよ。
が、活躍を始めてしまうと馬券的には面白くなくなる。
絶対王者に隠れて今回は2番人気。
買うなら今日だな。

相手○は②サンレイデューク。
重賞で常に上位争いしてるんやけど、それでもなかなか勝てないのは追い込み脚質で他力本願のせいだからなか。
それでも実績を考えたらここでは胸を張れる。
中団待機のオジュウチョウサンを見ながら勝負どころでオジュウから離されなければ何とかなるんじゃないかな。

馬券はワイドで買うので相手は絞って以下の買い目に書いた3頭まで。

【買い目】
◎⑦グッドスカイからワイド流し
相手
○②サンレイデューク
▲④シンキングダンサー
△⑤ホーカーテンペスト

↓競馬ランキング参加中。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

京都11R 第52回京都大賞典(GⅡ)

天皇賞・秋へのステップレース。
1着馬には天皇賞・秋への優先出走権が与えられます。
そういう意味では昨日の東京で行われた毎日王冠と同じ扱い。
…ですが、頭数こそ毎日王冠に比べたら揃ったものの、顔ぶれがかなり地味。
向こうはGⅠ馬が5頭も出走してたのにこちらは…。
GⅠ馬が何頭居ようが払い戻し金額には何の関係も無いのだが、それでもやっぱり気分的に楽しさが減る気がする。

◎は③シュヴァルグラン。
もうね、人気だろうけど仕方無いわ。
実績が抜けているもの。
GⅠ勝ちこそ無いものの、サトノダイヤモンドやキタサンブラックと互角の勝負をして来たお馬やで。
それに主戦の福永騎手が今日盛岡の南部杯に遠征ながら、代打はデムーロやからもうマイナスどころかプラスにさえ感じる。
穴党もお手上げ。ちょっと逆らいようが無い。

相手○は②サウンズオブアース。
この馬も実績は◎には劣らない…は言い過ぎやけど、それでも重賞で常に上位争いは評価できる。
京都コースの相性も良く、距離もベスト。
逆転までは正直どうかと思うけど、2着なら十分あると思う。
鞍上は前走に引き続き横山典騎手。
初めての騎乗だった前走で何かを掴んでないかな?
もしかしたら2度目の今回は今までとは違うあっと驚く騎乗があるかも知れない。

穴☆は⑮マキシマムドパリ。
正直厳しいと思うけど、でも今年だけで牝馬限定戦ながら重賞2勝。
この馬なりに力は付けていると思うんだな。
同じ穴馬探しなら、重賞でまったく通用してないお馬よりはこの馬の方がまだチャンスがあるかと。
あと、今年重賞2勝ながらそれほど人気してないってのもオイシイからね。

【買い目】
◎③シュヴァルグランから馬連流し
相手
○②サウンズオブアース
▲⑦フェイムゲーム
△なし
×なし
☆⑮マキシマムドパリ

↓競馬ランキング参加中。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

東京11R 第68回毎日王冠(GⅡ)

今年の毎日王冠。
これは難しい。
何が難しいって、頭数は落ち着いたものの、有力馬が多数。
しかもその有力馬たちがほぼ休み明けってんですから。
が、休み明け実績も悪くは無いし。
使われた強みを取るか、実績を素直に信じるか。
そこが馬券のキーポイントだと思う。

オレは実績を信じて◎は⑧リアルスティール。
何とっても世界の強豪相手にドバイで勝利してんですよ。
しかも、日本には無い芝1,800mのGⅠですよ!
だったらここでは負けられんでしょ。
昨年も休養明けぶっつけ本番の天皇賞・秋で2着。
今回も調教は抜群に動いているし、休養明けは気にしなくても良いだろう。
人気は恐らく秋華賞を無視してここに使って来た3歳牝馬①ソウルスターリングか。
でも、ここは古馬の実力ってやつを見せつけてやることでしょう。

相手○は④アストラエンブレム。
ここは使われた強みでこの馬を対抗評価にする。
2着続きでもう一つ何かが足りない感じがするけれど、逆に言えばそれだけどんな条件でも持てる力を発揮しているということ。
今回は相手が一気に強化されるけれど、秋初戦となる他の強豪馬は目標はまだ先。
なので仕上げも8分と言ったところか?
そこに付け入るスキがあると見てこの評価。

穴☆は③ダイワキャグニー。
実績では見劣りするけれど、何と言っても東京巧者。
そして確固たる逃げ馬不在でここはこの馬の単騎逃げもある。
3歳馬と言うことで古馬とは斤量差もあるし、鞍上は人気薄で怖い北村宏司騎手。
GⅠ級古馬相手は正直しんどい。
でも、一発の魅力があるのはこの馬しかない。

【買い目】
◎⑧リアルスティールから馬連流し
相手
○④アストラエンブレム
▲⑫サトノアラジン
△⑦グレーターロンドン
×①ソウルスターリング
☆③ダイワキャグニー

↓競馬ランキング参加中。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

中山11R 第63回オールカマー(GⅡ)

近年のオールカマーの傾向を見てみると…
比較的堅い決着。
ただし、上位人気馬はそれなりに万遍無く馬券に絡むので馬連一桁台ということも少ない。
たまに穴馬が絡む。
…とこんな感じ。
要するに難しいということです(汗)
今回もGⅡ、GⅢまでなら強いがGⅠとなるとちょっと…という馬が何頭か揃った。
恐らくこういう馬で決着するんだろうけれど、どの馬を取捨するかで頭を悩ませそう。

そんな中で◎は②アルバート。
典型的なGⅡ、GⅢで善戦タイプ。
しかもメンバーが手薄になる長距離重賞でという最も取捨に悩むタイプ。
でも、今回出走する他の有力馬たちも2,000mがベストなので2,200mなら微妙かも…というタイプも多い。
だったら他の比較材料はGⅠ実績。
過去のGⅠは有馬記念、天皇賞春を2回ずつ出走し、馬券には絡めていないものの、差は全て1秒以内。
だったらこのメンバーでは胸を張れる。
中山コースもステイヤーズS連覇で相性の良さは実証済み。
休み明けも苦にしないタイプ。
人気もほどほどに割れている今回は人気的には上位でもオッズ的にはオイシイ馬券の使者になりそうや。

相手○は⑧ステファノス。
国内外のGⅠで善戦。
ただし距離は2,000mまでという典型的善戦マン。
ただ、他に絶対的なお馬も見当たらない今回はこの評価にせざるを得ない。
GⅠで何度も2着3着があるのに実際重賞勝ちは富士Sの1勝のみというこれまた不思議なお馬。
今回も善戦止まりということは大いにある。
ただ、無視も出来ない実績の持ち主ということでこの評価に。

穴☆は⑯ツクバアズマオー。
近走は連続2桁着順と見せ場は無い状態が続いておりますが、舞台が中山コースとなると無視は出来ません。
全7勝中5勝が中山。
今年も年始の中山金杯を勝っているし、昨年のこのレースでも3着。
「中山は中山巧者」の格言どおり、ここは無視はできません。

【買い目】
◎②アルバートから馬連流し
相手
○⑧ステファノス
▲⑨タンタアレグリア
△⑭モンドインテロ
×⑩マイネルミラノ
☆⑯ツクバアズマオー

↓競馬ランキング参加中。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

FC2Ad