FC2ブログ

サラリーマン的競馬予想 Second☆Stage

理論?法則?サイン?いえいえ、頼りになるのはやっぱ直感でしょう! そんなサラリーマンによる素人予想です。

阪神11R 第64回阪急杯(GⅢ)

コロナウイルスの影響でJRAでもとうとう今開催から無観客でレース実施。
それは残念であるがある意味興味深々。
結論から言いますと、グリーンチャンネルで見てる限り特に違和感は無かった。
パドックや客席に誰も居ない場面が映りはしたものの、結局は馬が走っている場面がほとんどの中継やからね。
昨日1日だけの判断にはなるけれど、馬券予想的にも無観客だからという影響は特に無さそう。
いつもどおり渾身の予想ができそうだ。(←これで当たれば言うこと無いんやけどね)

◎は④マイスタイル。
なかなかの混戦ムードの中、前走の阪神カップで予想外の大敗。
これが響いてか今回は結構人気を落とした。
これはオイシイ話。
実力馬の人気薄はオイシイ馬券の基本であり鉄則やからな。
敗因を挙げるとすればマイペースで逃げられなかったからか。
それでも2走前のスワンSでも逃げられなかったけれど3着に頑張った。
要は馬の気分次第ってことか。
そこで効いて来るのが「無観客」開催。
冒頭には影響は無さそうと書いたけれど、それは昨日の話。
無観客でレースに集中できる今回は本領を発揮してくれると信じる。

相手○は③ダイアトニック。
多くを語る必要はあるまい。
騎手相性、距離適性、コース相性、過去実績。
すべてにおいて合格点だから。
本命◎にしないのはオレが穴党だから。
あっさり勝たれたら「やっぱりね」って話ってだけ。

穴☆は⑱スマートオーディン。
何てったって昨年の覇者。
昨年も人気薄での勝利。
調教の動きも悪く無いし、阪神コースの相性も良い。
鞍上は時に大穴を開ける秋山ジョッキー。
一発あるなら今回でしょ!

【買い目】
◎④マイスタイルから馬連流し
相手
○③ダイアトニック
▲⑤クリノガウディー
△⑥フィアーノロマーノ
×①ジョイフル
☆⑱スマートオーディン

↓競馬ランキング参加中。
スポンサーサイト



テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

小倉11R 第54回小倉大賞典(GⅢ)

今年の変則開催による長かった小倉開催もいよいよラスト。
その締めくくりとなるのがこの小倉大賞典。
盛り上がって参りましょう!!
残念なのは藤田菜七子ちゃんが落馬負傷で戦線離脱しちゃったこと。
この小倉開催でJRAの競馬場での通算100勝を決めて欲しかったなぁ。
まずは怪我の治療に専念してもらって、また元気な姿を見せてくれる日を楽しみに待ちましょう。

さて。
小倉大賞典と言えば裏開催の地味メンバーが揃う重賞のイメージ。(←出走馬関係者に失礼)
が、GⅠ級のヴェロックスが出走してきました。
先週の京都記念にも登録して無かった?
もう忘れたわ。
でも、東京でGⅠもあるのに川田騎手を確保してここを使ってくると言うことはこれはもう必勝態勢か。

が、こういう時こそ荒れるんです。
いや、別にヴェロックスが勝っても配当的には美味しくないので穴党としては狙う価値無し。
なので荒れることを祈りたいと言う方が正直なところかな。
◎は③テリトーリアル。
重賞ではちょっと足らずな印象やけど、オープン特別では勝ち負けしている。
今回も勝ち切るかどうかと言ったところやけども、そこはヴェロックスの存在ですよ。
他馬はヴェロックスをマークでレースを運ぶに決まっている。
となるとヴェロックスより前で競馬をするであろうこの馬へのマークは緩くなるし、後ろでマークされたヴェロックスが動くに動けないような展開になればもうこの馬は勝ったも同然。
1,800mは一番実績のある距離やし、今回は悲願の重賞制覇も十分あるで。

【買い目】
◎③テリトーリアルを強気の単勝1点勝負

↓競馬ランキング参加中。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

東京11R 第54回共同通信杯(GⅢ)

今日の京都メインも少頭数(1頭取り消し含め9頭立て)ならこちらも同様9頭立て。
特に3歳戦は先週のきさらぎ賞も少頭数(8頭立て)と、この時期に同じようなレースを乱立し過ぎじゃね?
東西の違いはあれど同じ時期にいずれも芝1,800m戦の重賞を組む意味は?
こんなんじゃ重賞を勝つ重みってのが無い気がするよ。
(でも一口馬主的にはこういう重賞でも勝ちたいんや・笑)

さて、その先週もきさらぎ賞もそう。
昨日の3歳牝馬限定のクイーンCもそう。
人気馬が飛んでいる。
すなわち、この時期はキャリアの差はあれど、人気がある馬でもそこまで過信出来ないってこと。
今回も武豊騎乗の⑧マイラプソディが前日発売終了時点で単勝1.4倍と圧倒的な人気。
これは…穴党の血が騒ぐ。
◎は⑥ダーリントンホール。
理由は単純。
⑧マイラプソディを切るなら実績的にはこの馬が2番手。
ただ、人気的には(前日発売終了時点で)3番人気。
ん?2番人気は…1戦1勝馬の⑦フィリオアレグロか。
こういうのが一番危険。
たった1戦のレースのみでどこまで能力が測れるのか。
昨日のクイーンCでも1戦1勝の圧倒的人気馬が大敗した。
これが3歳戦の怖いところ。
逆に言えば穴党にとってオイシイところ。
実績よりも過小評価の今回がまさに買い時。
鞍上も頼れるルメール。
武豊の馬を負かすならこの馬しか無いだろう。

【買い目】
◎⑥ダーリントンホールの単勝1点。

↓競馬ランキング参加中。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

東京11R 第70回東京新聞杯(GⅢ)

なかなかの混戦ムード。
②ヴァンギャルドと⑨レッドヴェイロンの2頭がやや抜けた人気かな?
でもオレはそんな人気馬をはいそうですかと素直に買うような人間ではない。
人気であればあるほど切りたくなる生粋の穴党である。(そして馬券を外す・汗)
今回も当然上記の2頭以外から。

◎は⑤サトノアーサー。
このレースは3番人気が強い。
そして関西馬が強い。
つーわけで本命。
3番人気になるかどうかは微妙やけど、それくらいの人気の馬が毎年馬券に絡んでいるのでそこはそれでよし。
そして関西の名門池江厩舎。
もうこれで勝ったも同然の条件が揃った(←ほんまか?)
それだけじゃなく、11ヶ月もの休養明け初戦だった2走前もきっちり2着。
前走は予想外の敗戦(6着)だったけれど、馬場が悪すぎたのだろう。
勝ち馬との着差は0.6秒。
馬場を考えたらこの程度は許容範囲でしょ。
長期休養明け3戦目。
そろそろ馬も出来上がって来たと思う。
重賞を勝ったこともある東京コースで良馬場の今回なら完全復活あるで。

相手はワイドで2頭。
○⑥レイエンダは東京コースで実績あり。
そして言うてもあのレイデオロの弟。
兄と比較はかわいそうかも知れないけれど、このメンバーならアッサリ勝ってしまう素質は秘めていると思う。
▲⑦ケイデンスコールはGⅠNHKマイルカップ2着。
それ以降2桁着順が続いているけれど、今回は調教もかなり良い動きだったみたいやし、ジョッキーは石橋脩に戻るしで実績あるこの舞台で一発は十分あると思う。

【買い目】
◎⑤サトノアーサーからワイド流し
相手
○⑥レイエンダ
▲⑦ケイデンスコール

↓競馬ランキング参加中。

京都11R 第60回きさらぎ賞(GⅢ)

少頭数の8頭立て。
この頭数なもんだから1頭人気を被っているね。
でも、これが絶対か?と言われたらそうでも無い。
根拠?
「所詮走るのは馬だから」
例え能力が高くても、その日に走る気になっていなければ結果は出ない。
走る気になっているかどうかなんて人間には分からない。

…と、穴党のこじつけにより1番人気確実の⑧は切る。
◎は⑥サトノゴールド。
昨夏から約5ヶ月の休養明け。
でも、クラシックを見据え、馬の成長を見越しての休養だったと思う。
よってこの休養はマイナス要素ではない。
さらに本来は来週の共同通信杯を予定していたらしいけど、今の京都の馬場を考慮してこちらに緊急参戦。
これもこの馬にプラス材料だからこその選択。
キャリア2戦で新馬勝ちと重賞2着。
まだまさ底を見せていないのに案外今回は人気が無い。
実力馬の人気薄。
キャリアの浅い2歳、3歳戦でよくあるパターン。
まさに穴党向きの状態になっている。
これは買いです。

相手はワイドで2頭。
○⑤グランレイは前走朝日杯3着。
その朝日杯ではまったく人気が無かったけれど、この時も実力馬の人気薄状態だったんだろうね。
今回はやや人気しているけれど、このメンバーなら買いで仕方ない。
▲①コルテジアはメンバー中キャリア最多。
若駒はキャリアの差がモノを言う時があるからね。
京都コースでは未勝利勝ち、重賞シンザン記念3着がある相性の良いコース。
人気は無いけど油断禁物。

【買い目】
◎⑥サトノゴールドからワイド流し
相手
○⑤グランレイ
▲①コルテジア

↓競馬ランキング参加中。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル