FC2ブログ

サラリーマン的競馬予想 Second☆Stage

理論?法則?サイン?いえいえ、頼りになるのはやっぱ直感でしょう! そんなサラリーマンによる素人予想です。

東京11R 第54回共同通信杯(GⅢ)

今日の京都メインも少頭数(1頭取り消し含め9頭立て)ならこちらも同様9頭立て。
特に3歳戦は先週のきさらぎ賞も少頭数(8頭立て)と、この時期に同じようなレースを乱立し過ぎじゃね?
東西の違いはあれど同じ時期にいずれも芝1,800m戦の重賞を組む意味は?
こんなんじゃ重賞を勝つ重みってのが無い気がするよ。
(でも一口馬主的にはこういう重賞でも勝ちたいんや・笑)

さて、その先週もきさらぎ賞もそう。
昨日の3歳牝馬限定のクイーンCもそう。
人気馬が飛んでいる。
すなわち、この時期はキャリアの差はあれど、人気がある馬でもそこまで過信出来ないってこと。
今回も武豊騎乗の⑧マイラプソディが前日発売終了時点で単勝1.4倍と圧倒的な人気。
これは…穴党の血が騒ぐ。
◎は⑥ダーリントンホール。
理由は単純。
⑧マイラプソディを切るなら実績的にはこの馬が2番手。
ただ、人気的には(前日発売終了時点で)3番人気。
ん?2番人気は…1戦1勝馬の⑦フィリオアレグロか。
こういうのが一番危険。
たった1戦のレースのみでどこまで能力が測れるのか。
昨日のクイーンCでも1戦1勝の圧倒的人気馬が大敗した。
これが3歳戦の怖いところ。
逆に言えば穴党にとってオイシイところ。
実績よりも過小評価の今回がまさに買い時。
鞍上も頼れるルメール。
武豊の馬を負かすならこの馬しか無いだろう。

【買い目】
◎⑥ダーリントンホールの単勝1点。

↓競馬ランキング参加中。
スポンサーサイト



テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

東京11R 第70回東京新聞杯(GⅢ)

なかなかの混戦ムード。
②ヴァンギャルドと⑨レッドヴェイロンの2頭がやや抜けた人気かな?
でもオレはそんな人気馬をはいそうですかと素直に買うような人間ではない。
人気であればあるほど切りたくなる生粋の穴党である。(そして馬券を外す・汗)
今回も当然上記の2頭以外から。

◎は⑤サトノアーサー。
このレースは3番人気が強い。
そして関西馬が強い。
つーわけで本命。
3番人気になるかどうかは微妙やけど、それくらいの人気の馬が毎年馬券に絡んでいるのでそこはそれでよし。
そして関西の名門池江厩舎。
もうこれで勝ったも同然の条件が揃った(←ほんまか?)
それだけじゃなく、11ヶ月もの休養明け初戦だった2走前もきっちり2着。
前走は予想外の敗戦(6着)だったけれど、馬場が悪すぎたのだろう。
勝ち馬との着差は0.6秒。
馬場を考えたらこの程度は許容範囲でしょ。
長期休養明け3戦目。
そろそろ馬も出来上がって来たと思う。
重賞を勝ったこともある東京コースで良馬場の今回なら完全復活あるで。

相手はワイドで2頭。
○⑥レイエンダは東京コースで実績あり。
そして言うてもあのレイデオロの弟。
兄と比較はかわいそうかも知れないけれど、このメンバーならアッサリ勝ってしまう素質は秘めていると思う。
▲⑦ケイデンスコールはGⅠNHKマイルカップ2着。
それ以降2桁着順が続いているけれど、今回は調教もかなり良い動きだったみたいやし、ジョッキーは石橋脩に戻るしで実績あるこの舞台で一発は十分あると思う。

【買い目】
◎⑤サトノアーサーからワイド流し
相手
○⑥レイエンダ
▲⑦ケイデンスコール

↓競馬ランキング参加中。

京都11R 第60回きさらぎ賞(GⅢ)

少頭数の8頭立て。
この頭数なもんだから1頭人気を被っているね。
でも、これが絶対か?と言われたらそうでも無い。
根拠?
「所詮走るのは馬だから」
例え能力が高くても、その日に走る気になっていなければ結果は出ない。
走る気になっているかどうかなんて人間には分からない。

…と、穴党のこじつけにより1番人気確実の⑧は切る。
◎は⑥サトノゴールド。
昨夏から約5ヶ月の休養明け。
でも、クラシックを見据え、馬の成長を見越しての休養だったと思う。
よってこの休養はマイナス要素ではない。
さらに本来は来週の共同通信杯を予定していたらしいけど、今の京都の馬場を考慮してこちらに緊急参戦。
これもこの馬にプラス材料だからこその選択。
キャリア2戦で新馬勝ちと重賞2着。
まだまさ底を見せていないのに案外今回は人気が無い。
実力馬の人気薄。
キャリアの浅い2歳、3歳戦でよくあるパターン。
まさに穴党向きの状態になっている。
これは買いです。

相手はワイドで2頭。
○⑤グランレイは前走朝日杯3着。
その朝日杯ではまったく人気が無かったけれど、この時も実力馬の人気薄状態だったんだろうね。
今回はやや人気しているけれど、このメンバーなら買いで仕方ない。
▲①コルテジアはメンバー中キャリア最多。
若駒はキャリアの差がモノを言う時があるからね。
京都コースでは未勝利勝ち、重賞シンザン記念3着がある相性の良いコース。
人気は無いけど油断禁物。

【買い目】
◎⑥サトノゴールドからワイド流し
相手
○⑤グランレイ
▲①コルテジア

↓競馬ランキング参加中。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

京都11R 第25回シルクロードステークス(GⅢ)

このレースはダラダラと多くを語る必要はあるまい。
もうかなり早い段階(去年の年末あたり)から◎は決まっている。
◎は⑬ディアンドル。
理由は簡単。
オレがシルクホースクラブで一口出資しているお馬だから。
オレは基本愛馬の馬券は買わない。
でも重賞となれば話は別。
やっぱり重賞みたいな大きなレースは出ること自体が難しい。
なので応援の意味でも馬券は買わねばならんでしょ。

まあ出資馬であることは除いても、冷静な第三者目線で見てもここでは好勝負必至だと思う。
前走スプリンターズSは大敗だったけれど、さすがに相手が強すぎたね。
やはりGⅠの壁は高く厚かった。
そんな印象。
でも、その経験は必ず活きる。
スプリンターズSの後は京阪杯出走プランもあったけれど、心身の成長を促す意味でここまで待った。
強い相手に揉まれた経験と馬自身の成長。
今回の相手なら勝ち負けしてもらわにゃ困りますわな。
不安なのは持ち時計。
1分8秒を切ったことが無い。
やはりこれから先重賞で勝ち負けしよう思えばこの時計ではね。
でも、今の京都は例年になく時計がかかっている模様。
今日だけの話で言えばこの時計でもなんとか勝負になるのではないか。

この後は高松宮記念が目標らしいけど、GⅠを目指すにはまずここはしっかりと結果を出してもらいたいね!

【買い目】
◎⑬ディアンドルの単勝1点

↓競馬ランキング参加中。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

東京11R 第34回根岸ステークス(GⅢ)

今秋から東京開催!
今年最初のGⅠフェブラリーSがぼんやりと見えて来ました!
そのフェブラリーSの前哨戦。
これは注目の一戦です。
残念なのはコパノキッキングの鞍上が菜七子ちゃんじゃ無いことだな…。
まあ色々事情があるんでしょうけども、ファンとしては菜七子ちゃんが再び重賞を勝つ姿を見たいのだ!
今日の鞍上マーフィー騎手は今週で短期免許期間終了。
フェブラリーSでは是非菜七子ちゃんとのコンビ復活を見たいものです。

つーわけで、無言の抗議の意味で⑤コパノキッキングはバッサリ切り捨て。
◎は③ミッキーワイルド。
何と言っても東京巧者。
東京のダートでは6戦してオール複勝圏内やからね。
まだまだ底は見せておりません。
重賞勝ちは無いものの、夏に中京のプロキオンSで2着があるように力は重賞級。
ここでも十分通用する。
むしろ先行するコパノキッキングは圧倒的人気が予想されることもあって当然マークがきつくなるだろうし目標にもされやすい。
そんな中でこの馬は自分の競馬に徹することが出来そうなので持てる力を発揮できるでしょう。
栗東で干された?疑惑のデムーロ騎手ってのも心強い材料。
関係者からは干されたかも知れないけれど、オレはデムーロの腕を信頼している。

相手○は④ワンダーリーデル。
◎と同じく東京巧者。
こちらは重賞勝ちもあって◎と悩んだけれど、どちらかと言えば1,400mより1,600mのイメージ。
ということでここをステップにフェブラリーで万全の状態に持って来ると見越してここは対抗までにした。

【買い目】
◎③ミッキーワイルド
○④ワンダーリーデル
上記2頭をワイドで1点勝負。

↓競馬ランキング参加中。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル