fc2ブログ

サラリーマン的競馬予想 Second☆Stage

理論?法則?サイン?いえいえ、頼りになるのはやっぱ直感でしょう! そんなサラリーマンによる素人予想です。

11年11月13日の予想結果

東京11R 第16回武蔵野ステークス(GⅢ)
ダ1600m
国際・指 3歳以上オープン 別定
天候:晴 ダ:稍重
16頭

1着▲⑯ナムラタイタン 熊沢(4人気)
2着○⑫ダノンカモン 三浦(1人気)
3着  ②アドマイヤロイヤル 安藤勝(3人気)
以下
4着△⑤ダイショウジェット 柴山(8人気)
6着☆③シャア 小坂(10人気)
9着◎⑬シルクフォーチュン ルメール(2人気)

馬連⑫-⑯1,020円
馬単⑯-⑫3,460円
3連複②-⑫-⑯2,050円
3連単⑯-⑫-②17,150円
ハズレ

京都11R 第36回エリザベス女王杯(GⅠ)
芝2200m
国際・牝・指 3歳以上オープン 定量
天候:晴 芝:良
18頭

1着  ⑱スノーフェアリー ムーア(1人気)
2着○①アヴェンチュラ 岩田(2人気)
3着  ④アパパネ 蛯名(4人気)
以下
4着▲③ホエールキャプチャ 池添(6人気)
8着×⑩フミノイマージン 太宰(8人気)
9着◎②イタリアンレッド 浜中(5人気)
13着△⑦アニメイトバイオ 田辺(9人気)
17着☆⑰レディアルバローザ 武 豊(11人気)

馬連①-⑱700円
馬単⑱-①1,160円
3連複①-④-⑱2,520円
3連単⑱-①-④9,430円
ハズレ

(今日の一言)
女王杯。
大外枠と最内枠の馬が人気を分けあう形。
レースが始まればシンメイフジの大逃げ。
これは大波乱かと思ったが…終わってみれば人気どおりの決着。
何度も言うけど、競馬って難しいね。

↓競馬ランキング参加中。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
スポンサーサイト



テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

京都11R 第36回エリザベス女王杯(GⅠ)

実力伯仲のメンバー構成で難しくなったエリザベス女王杯。
まず難しい要因の一つには毎度のことながらの外国馬の取捨。
先に言っておこう。
「今回は消し」
⑭ダンシングレインは今週馬場入りを休んだのが気がかり。最後の調整に狂いが生じていないか!?
⑱スノ-フェアリーは昨年の覇者ながらも、昨年が出来すぎだったのでは?
凱旋門賞からここへ直行なら馬券対象に考え無くも無かったが、1戦使って日本に来たのもちょっとハードな気がしてね。
日本馬に頑張って欲しいとの気持ちも込めて、2頭の外国馬関係者の皆さん、ゴメンナサイ。

◎は②イタリアンレッド。
実は①アヴェンチュラと③ホエールキャプチャのどれを軸にしようか非常に悩んだ。
①アヴェンチュラは前走がまさに横綱相撲と言える内容だった。
ただ、今回は最内枠が気になるところ。
そして③ホエールキャプチャはどうもGⅠでは詰めが甘い。古馬とは初対戦ってのもどうなんでしょう?力関係がイ
マイチ分からんです。

そんな中での②イタリアンレッドは重賞3連勝の勢いがある。
やっぱり重賞を3連勝もするのは普通の馬では出来ません。
夏のサマー2000では牡馬相手に勝っているしね。
牡馬相手に勝ち負けできる馬は強いと思うよ。
このサマー2000ではハンデに恵まれたのでは?という見方もあったけど、前走の府中牝馬Sでその評価を覆す完勝。
これはこの馬の実力であると確信したね!

と言うワケで、悩んだ3頭は②イタリアンレッドを◎にし、以下○①アヴェンチュラ、▲③ホエールキャプチャの順にした。
ただ、差はわずかだと思う。
どの馬が勝ってもおかしく無いわ。

穴☆は⑰レディアルバローザ。
距離が不安視されてのこの低評価なのかな?
重賞勝ちもあるし、牡馬相手の朝日CCで3着の実績もある。
牝馬限定戦では「牡馬相手に好走した馬は人気薄でも買っとけ」という格言が…あったり無かったり(笑)
そして人気薄の武豊。
武豊は買うと来ないけど、やっぱり買わずにはおれません。

【買い目】
◎②イタリアンレッドから馬連流し
相手
○①アヴェンチュラ
▲③ホエールキャプチャ
△⑦アニメイトバイオ
×⑩フミノイマージン
☆⑰レディアルバローザ

↓競馬ランキング参加中。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

東京11R 第16回武蔵野ステークス(GⅢ)

JCダートに向けての前哨戦。
ここは先月東京で行われた地方のGⅠ南部杯と同じ舞台。
だったら再戦ムードで濃厚では!?

◎は⑬シルクフォーチュン。
前走南部杯はエスポワールシチーが飛ばすかなりハイペースな展開。
追い込み馬のこの馬向きの展開だったと言えるかも知れない。
が、あのトランセンドとコンマ1秒差。
展開の利だけでは無く、力が無いとこの成績は無いと思う。
今回は前回のような確固たる逃げ馬が不在でペースも落ち着きそうやけど、そこは日本競馬を知り尽くした世界のルメール騎手が鞍上や。
ペースをしっかり読んで絶妙のタイミングで仕掛けてくれるやろ。
あとはこの馬の末脚を信じるだけや。

相手○はそのシルクフォーチュンに先着した⑫ダノンカモン。
この馬、やっぱり東京では走るね。
今回は前走の南部杯より相手は大幅弱化。
ペースも落ち着きそうで先行するこの馬向きの展開になりそうや。
ただ、ちょっと人気を被りすぎているのも気になるところ。
先行馬だけに後続する有力馬に目標にされやすいと言うリスクもある。
配当妙味も考えたらここまでの評価やね。

穴☆は③シャア。
先週のみやこSからの連闘。
が、この連闘は予定のことだったらしい。
だとしたらここが目標だったと言うコト。
前走で叩かれた上積みもあるやろうし、東京マイルも2着の実績もある。
穴馬として面白いんじゃね?

【買い目】
◎⑬シルクフォーチュンから馬連流し
相手
○⑫ダノンカモン
▲⑯ナムラタイタン
△⑤ダイショウジェット
×なし
☆③シャア

↓競馬ランキング参加中。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル