FC2ブログ

サラリーマン的競馬予想 Second☆Stage

理論?法則?サイン?いえいえ、頼りになるのはやっぱ直感でしょう! そんなサラリーマンによる素人予想です。

18年3月25日の予想結果

中山11R 第25回マーチステークス(GⅢ)
ダ1800m
国際・指 4歳以上オープン ハンデ
天候:晴 ダ:良
16頭

1着◎⑧センチュリオン 幸英明(2人気)
2着▲⑭クインズサターン 津村明秀(5人気)
3着 ④ロワジャルダン 真島大輔(10人気)
以下
4着×⑫アルタイル 田中勝春(6人気)
7着△⑦ディアデルレイ 勝浦正樹(4人気)
9着○⑬ハイランドピーク 横山典弘(1人気)
13着☆⑥ジョルジュサンク 藤岡康太(14人気)

単勝⑧610円
馬連⑧-⑭2,540円
馬単⑧-⑭5,090円
3連複④-⑧-⑭29,020円
3連単⑧-⑭-④153,570円
馬連25.4倍的中!

中京11R 第48回高松宮記念(GⅠ)
芝1200m
国際・指 4歳以上オープン 定量
天候:晴 芝:良
18頭

1着▲⑨ファインニードル 川田将雅(2人気)
2着×⑧レッツゴードンキ 岩田康誠(3人気)
3着 ⑦ナックビーナス 三浦皇成(10人気)
以下
5着◎③ブリザード K.ティータン(6人気)
6着△①セイウンコウセイ 松田大作(5人気)
8着○⑥レッドファルクス M.デムーロ(1人気)
18着☆⑩ダイアナヘイロー 松山弘平(11人気)

単勝⑨550円
馬連⑧-⑨1,690円
馬単⑨-⑧3,170円
3連複⑦-⑧-⑨15,910円
3連単⑨-⑧-⑦60,450円
ハズレ

(今日の一言)
高松宮記念。
もう少し荒れるかと思ったけれど、結局は人気どころの決着。
「混戦の時ほど人気サイド決着」の法則が今回も発動と言うところか。

↓競馬ランキング参加中。
スポンサーサイト



テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

中京11R 第48回高松宮記念(GⅠ)

2018年のGⅠ第二弾高松宮記念。
そして実質ここから2018年春のGⅠがスタート。
まずはしっかり当てて良いスタートを切りたいよね!(←フェブラリーSの負けを忘れたいだけの都合の良い言い訳)

ただ、メンバーは大混戦。
どのお馬が勝ってもおかしくない顔ぶれ。
これでこそGⅠレースだ。

そんな中で◎は香港から参戦の③ブリザード。
何てったって香港競馬は日本以上に短距離天国。
毎年暮れの香港国際競走には何頭も日本から参戦しているけれど、一番勝つのが難しいと言われるのが香港スプリント。
それくらい香港のスプリント界は層が厚いんですよ。
そんな中で昨年暮れの香港スプリントで3着。
これは高く評価しても良いでしょ。
その前走は日本のスプリンターズSで5着。
初めての日本への遠征で日本の馬場への適性を示したし、日本遠征も今回が2度目なら対策も十分出来てるでしょ。
このお馬は人気薄ながら好走の傾向。
もしかして人気の盲点になりやすいお馬なのかな?
だったら今回も前日発売終了時点で単勝15.0倍の6番人気という「中途半端」な状態。
逆にこれがオイシイ。
高松宮記念は5、6番人気あたりのお馬が好走の傾向でもあるし、今回はこの馬が激走の番やな。
最後に。
時事ネタ的にも今週半ばに季節はずれの大雪が日本(主に東日本)に降った。
大雪と言えばブリザード…。
ほら、もうこの馬が勝ったも同然(笑)

相手○は⑥レッドファルクス。
まあ消去法で行ったらこのお馬しか残りませんわな。
実績もある。
鞍上デムーロ。
消す要素が無いわ。
が、穴党としては本命には出来ない。
ただそれだけの理由でこの評価。

穴☆は⑩ダイアナヘイロー。
前哨戦の阪急杯の勝ち馬やのに何なの!?この人気の落ちっぷり。
前哨戦を勝って人気しないってあまり例が無いよね。
武豊から乗り替わったから?
同型馬が多いから?
いずれにせよ、ここまで人気を落としているのなら迷わず買い。
中京では実績が無いけれど、乗り替わった松山ジョッキーが逆に新味を出してはくれないかと期待の方が大きいよ。

【買い目】
◎③ブリザードから馬連流し
相手
○⑥レッドファルクス
▲⑨ファインニードル
△①セイウンコウセイ
×⑧レッツゴードンキ
☆⑩ダイアナヘイロー

↓競馬ランキング参加中。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

中山11R 第25回マーチステークス(GⅢ)

GⅠ高松宮記念の陰で地味な存在のダート重賞。
でも時には大荒れもあるこのレース。
過去5年でも1番人気は勝って無い。
なので当然馬連3桁配当なんて皆無。
昨年は3連単46万円超。
今年も1頭人気を被りそうなのが居るけれど、過信して大丈夫?
ある意味高松宮記念よりも(馬券的に)面白いレースになるかも。

◎は⑧センチュリオン。
全7勝の実績はもちろん主役に匹敵する成績やけど、その7勝が全て今回の舞台である中山ダ1800mで挙げてんだからここはもう外す理由が無い。
人気どころが外枠に集まりそれらのお馬は前半余計な脚を使うこと必至。
方やこの馬は真ん中の枠で内外両側の馬の出方を見れる絶好枠。
最後の直線で外枠の有力馬たちが前半に使った脚で「お釣り」が無い状態の中、このお馬がグイっともうひと伸び。
そんな場面が目に浮かぶ。
唯一の不安材料は乗りなれた大野騎手が高松宮記念騎乗のため乗り替わりになること。
まあ代打が幸ジョッキーなのでそこまで心配も無いけれど、微妙な仕掛けのタイミングのズレとかが影響しないかちょっと心配だま。

相手○は人気必至の⑬ハイランドピーク。
ここ2戦の勝ちっぷりが圧巻の一言。
ただね、どちらも脚抜きの良い稍重馬場だったこと。
良馬場ではやや苦戦傾向か。
そして今回は昇級戦。そして重賞。
一気にハードルが上がってここ2走のような競馬が果たして出来るのか?
実力は認めるものの、それなりに不安要素も大きい。
レース傾向からも人気馬は飛びやすい。
ここはこの評価までが打倒。

穴☆は⑥ジョルジュサンク。
出走メンバーの勝負付けはほぼ済んでいるような感じ。
だったら今回が初ダートのこの馬しか穴馬らしい穴馬は見当たらない。
ダート替わりに期待する根拠は無いけれど、新味に期待ってところかな。

【買い目】
◎⑧センチュリオンから馬連流し
相手
○⑬ハイランドピーク
▲⑭クインズサターン
△⑦ディアデルレイ
×⑫アルタイル
☆⑥ジョルジュサンク

↓競馬ランキング参加中。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル