fc2ブログ

サラリーマン的競馬予想 Second☆Stage

理論?法則?サイン?いえいえ、頼りになるのはやっぱ直感でしょう! そんなサラリーマンによる素人予想です。

22年8月7日の予想結果

札幌11R 第27回エルムステークス(GⅢ)
ダ1700m
国際・指 3歳以上オープン 別定
天候:晴 ダ:良
14頭

1着○⑨フルデプスリーダー 丹内祐次(9人気)
2着 ⑥ウェルドーン 武豊(6人気)
3着 ③オメガレインボー 横山和生(2人気)
以下
8着◎②アイオライト 菱田裕二(3人気)
13着▲①ロードエクレール 石川裕紀人(8人気)

単勝⑨1,690円
馬連⑥-⑨5,340円
馬単⑨-⑥12,130円
3連複③-⑥-⑨9,490円
3連単⑨-⑥-③61,530円
ハズレ

新潟11R 第14回レパードステークス(GⅢ)
ダ1800m
国際・指 3歳オープン 馬齢
天候:晴 ダ:良
15頭

1着 ⑮カフジオクタゴン C.ホー(7人気)
2着 ②タイセイドレフォン 川田将雅(1人気)
3着 ⑨ハピ 藤岡佑介(2人気)
以下
8着◎③メイショウユズルハ 岩田康誠(5人気)
9着○①ヘラルドバローズ 松山弘平(4人気)
10着▲⑫シダー 藤岡康太(14人気)

単勝⑮2,160円
馬連②-⑮3,690円
馬単⑮-②10,390円
3連複②-⑨-⑮4,370円
3連単⑮-②-⑨42,810円
ハズレ

(今日の一言)
エルムS。
終わってみれば前走マリーンSの1,2着馬のワンツーフィニッシュ。
そしてマリーンSで1番人気馬が3着と、予想記事にも書いたとおりマリーンS組を中心に買っておけば的中と言う非常にイージーなレースだった。
…でも、そう買わなかったのも自分。
予想の段階で予想どおり買わないのは愚の骨頂。
これは猛反省。
そしてこれで32連敗…。

↓競馬ランキング参加中。
スポンサーサイト



テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

新潟11R 第14回レパードステークス(GⅢ)

3歳限定ダート重賞。
JRAには今のところ3歳限定ダート重賞はユニコーンSとこのレースの2つしか無い。
芝の重賞はいくつもあるから力関係がある程度読めるケースもあるけど、ダートにおいては重賞も少なくオープン特別もそう多くない。
まあ要するに毎年のことながら「めちゃ難しい!」って頭を悩ますレースだと言うことです。

悩んだ揚げ句の◎は③メイショウユズルハ。
もう素直に実績を信じました。
前走新潟ダート1800m戦で優勝。
これを含めてダートは2-3-1-2。
左回りに限っては2-3-0-1とほぼ馬券圏外から外れたことが無い。
相手関係が難しいけれど、冒頭にも書いたとおり力関係がよく分からんのでもうそこは悩んでも仕方ないので考えない。
例年なかなかの好配当が続いているのでどの馬にもチャンスはあるってことだと思うことにした。
今回初ブリンカーのようだし、またその効果に期待が持てそうな陣営コメントも。
前日発売終了時点で15.0倍と実績を考えたらオイシイオッズにもなってる。
これは穴党としてはこの馬以外に軸は考えられないね。

相手○は①ヘラルドバローズ。
◎馬以上にダートでは好成績も乾いた馬場での時計にやや不安が。
あと内枠に入ったことで逃げる可能性もあるとは思うけど、今回は他にも逃げそうな馬が2頭ほど。
これらと競り合うような競馬になってしまったら最後まで息が持つかどうか。
ちょっと◎馬より不安要素が多いかな?ってことでこの評価まで。
でもアッサリ勝ってもおかしくは無いとは思う。

▲は⑫シダー。
春先に2桁着順が続いていたとは思えないくらいの大変身。
休養を挟んでから2連勝。
ブリンカー効果もあったんだろうけど、それ以上にきっとこの期間に心身とも大きく成長したってことでしょう。
3歳馬はこれがあるから難しい…。
で、2連勝中にもかかわらず思ったほど人気が無い。
まあ穴党には願ったり叶ったりやけども。
「夏競馬は格より出来」
「夏は牝馬」
この格言の後押しも信じて好配当の使者として指名しておく。

【買い目】
◎③メイショウユズルハからワイド流し
相手
○①ヘラルドバローズ
▲⑫シダー

↓競馬ランキング参加中。

札幌11R 第27回エルムステークス(GⅢ)

先週競馬をしなかったので2週間ぶりの競馬となります。
あ、2週前でついに30連敗到達したので気分転換に競馬をやらなかった…のではありません。
叔母さんが亡くなって葬式を重なってしまっただけです。
でも逆に1週空いてちょっとリセットできなような気がしないでもない。
さあ、今日から逆に30連勝やで!

◎は②アイオライト。
このレースはマリーンS上位組が非常に相性の良いレース。
だけども、あえてマリーンSよりさらに2週前に実施の大沼S勝ち馬のこの馬から狙う。
マリーンSはハンデ戦、大沼Sは別定戦、て違いはあるけれど、それ以外は同条件。
そこを勝ってのここへの挑戦だからここでは当然主役級でしょ。
今回マリーンS上位組は軒並み斤量アップに対し、この馬は逆に斤量減ってのも有利な材料。
小回り1700mもベスト条件だと思うし、前に行きたいこの馬には良い枠も当たった。
この馬以上に好条件が揃った馬が見当たらない。

相手○は⑨フルデプスリーダー。
過去データに従いマリーンS優勝のこの馬を相手1番手に。
前走は穴人気で優勝だったせいか、今回もあまり人気が無いね。
でも、夏競馬を甘く見てはいけない。
「夏は格より出来」って格言もあるように、やっぱり前走勝ったと言う勢いは夏競馬では重要だと思う。
ここは素直に前走優勝の実績で買い。

▲は①ロードエクレール。
小回りコースで逃げ馬は最内枠に。
もうこれだけで買いでしょ。
ここ2戦は函館のオープン特別でいずれも3着。
そして近2戦のメンバーとそう大差ない顔ぶれの今回が最内枠なら2着くらいはあるでしょ。
粘り込みに期待。

【買い目】
◎②アイオライトからワイド流し
相手
○⑨フルデプスリーダー
▲①ロードエクレール

↓競馬ランキング参加中。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル