fc2ブログ

サラリーマン的競馬予想 Second☆Stage

理論?法則?サイン?いえいえ、頼りになるのはやっぱ直感でしょう! そんなサラリーマンによる素人予想です。

福島11R 第62回ラジオNIKKEI賞(GⅢ)

ラジオNIKKEI賞がハンデ戦になって何回目?
毎回思うんやけど3歳のハンデ戦ってどうなん?
重賞でそこそこ結果を残している馬もいるとは言え、ほとんどが2勝馬同士の争い。(今回は1頭だけ3勝馬がいるね)
それでもハンデ戦ってことで今回下は50kgから上は56kgと6kgの差がある。
この差が実力差なのかどうか!?
そこが評価の分かれるところ。

…あ、この差をしっかり見極められればオイシイ馬券が獲れるってコトだな。

◎は③アドマイヤドバイ。
暮れのラジオNIKKEI杯5着、2月のきさらぎ賞3着。
掲示板を外したのは2走前の若葉Sだけ。
3ヶ月休んだ前走はスンナリと勝ち上がり。
この時期の3歳馬で、休養明けを勝つ馬ってのはそれだけ精神的肉体的に大きく成長した馬だとオレは考えている。
これだけでも同世代では力は上位なのは間違いない。
残念ながら春のGⅠ出走は叶わなかったけれど、今は春のGⅠ出走組との力差は無いと思う。
おまけに前走GⅠ出走組はそこで調子がピークだったはず。
ならば休んでリフレッシュした状態のこの馬が十分勝ち負けになる。

相手○は⑮インプロヴァイズ。
前走の勝ちっぷりがあまりにも鮮やか。
戸崎騎手とウマが合ったのか、それとも馬自身成長したのか。
2歳時にGⅢ東スポ杯で3着があるようにもともと能力は高かったお馬。
それでいてハンデ54kgは正直恵まれたと思う。
◎との差は使われ続けか休んでリフレッシュできているかの差だけや。
オレもシルクホースクラブの会員。
評価は○にしたけれど、オレの出資馬では無くともクラブから重賞勝ち馬が出るのは悪い気はしない。
負けて諦められるのはこの馬くらいや。

穴☆は⑩ダイワブレイディ。
中山で結果を残している馬は福島でも結果を出せる。
それがオレ理論。
春に中山で連勝しているように、小回りコースがむしろ得意と言えるかもしれない。
ハンデ53kgは魅力的やし、先行脚質ってのも小回りコースでは強み。
一発は十分あるで。

【買い目】
◎③アドマイヤドバイから馬連流し
相手
○⑮インプロヴァイズ
▲⑫ミエノワンダー
△⑦フラムドグロワール
×⑬ガイヤーズヴェルト
☆⑩ダイワブレイディ

↓競馬ランキング参加中。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
スポンサーサイト



テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://salakeiss.blog87.fc2.com/tb.php/1466-26fa8ebb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)