サラリーマン的競馬予想 Second☆Stage

理論?法則?サイン?いえいえ、頼りになるのはやっぱ直感でしょう! そんなサラリーマンによる素人予想です。

函館11R 第48回函館2歳ステークス(GⅢ)

函館開催もいよいよラスト。
来週から札幌開催ですよ。
こう考えるとあっという間に夏が終わって秋が来て…1年のサイクルは本当に早いもんですよ。

そんな函館開催フィナーレを飾るのが予想が最も難しい2歳重賞。
世代最初の重賞であると同時にほぼ1戦1勝馬同士の戦いで予想の根拠がほぼ無いに等しい。
こうなるともう過去の傾向に頼るしかないでしょ。

で、函館2歳Sの勝ち馬の傾向として
関西馬
前走1,200mの新馬戦
逃げ切りより差し切り
…が、大体の傾向か。

そうなると◎は⑥モンドキャンノ…と言いたいところだが、競馬ファンは皆ちゃんと見てますな。
この馬が前日発売終了時点で1番人気ですよ。
しかも1本被り気味で。
まだまだ未知の部分が多く、何が起こるか分からない若駒。
そしてオレは穴党。
素直にこの馬を軸では買えません。

なので◎は⑩ロイヤルメジャー。
条件的には関西馬であることと、前走1,200mの新馬戦であったことを満たしている。
勝ち方は逃げ切りだったけれど、フルゲートでしかもハイペースでの逃げ切り。
これは逃げというより持ってるスピードの違いでこの結果だったと思う。
時計的には平凡だったけれど、これは馬場が渋っていたからだと思う。
それに夏は牝馬の格言もあるように、この時期ならば牡馬相手でも勝ち負けは出来る。
あとは2年目の加藤騎手が初重賞制覇を意識して堅くならんかどうかだけやな。

相手○は⑥モンドキャンノ。
まあこれは止む無し。
過去の傾向にも当てはまりすぎている。
配当を考えて軸にはしなかったけれど、大敗は無いだろうから相手1番手で仕方なし。

穴☆は①ネコワールド。
前走ダートで新馬勝ち。
普通ならこれだけで消しの条件なんやけども、それで消してちゃ穴馬券なんて取れません。
母父サクラバクシンオーという血統に注目。
父は確かにダート向きではあるけども、母父は言わずと知れた芝の名スプリンターを多数輩出した種牡馬。
この馬がたった1戦でダート馬だと判断するにはちと早い。
それにダートを勝ったということはそれなりにパワーがある証拠。
だったら同じくパワーを要する洋芝ならチャンスもあるのでは無かろうか!?
母父の血が爆発することを期待する。

【買い目】
◎⑩ロイヤルメジャーから馬連流し
相手
○⑥モンドキャンノ
▲⑫レヴァンテライオン
△⑭ドゥモワゼル
×⑮ガーシュウィン
☆①ネコワールド

↓競馬ランキング参加中。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://salakeiss.blog87.fc2.com/tb.php/1989-56642be1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad