FC2ブログ

サラリーマン的競馬予想 Second☆Stage

理論?法則?サイン?いえいえ、頼りになるのはやっぱ直感でしょう! そんなサラリーマンによる素人予想です。

東京11R 第39回ジャパンカップ(GⅠ)

39回目にして初の外国馬出走馬がゼロとなったジャパンカップ。
まさに日本馬だけに「ジャパン」カップだな。
ジョッキーの顔ぶれだけなら国際色豊かで腕前の超一流でまさにジャパンカップにふさわしい面々。
が、馬の質で言えばちょっと寂しい。
日本の超一流馬たちは早々に暮れの香港を目指すことを表明してしまったし、もうこの先は天皇賞秋→JC→有馬記念で3連勝を目指す!なんて日本の一流馬は出てこないかも知れない。
欧州はシーズンオフだからこそ超一流ジョッキーがこの時期に集まるのは理解できる。
が、馬が集まらないのはシーズンオフだからって理由だけで済ませられないのが現状。
ジャパンカップダートがチャンピオンズカップに名前が変わったように、今回のような状態が何年も続くようならそのうちジャパンカップも名前を変える(変えざるを得ない)日が来るかも知れないね。

さて予想。
昨年脅威のレコード決着となったこのレース。
まああの時計を見たら欧州勢は出てこない、いや、出てこれないわなと思う反面、こういう馬場が果たして世界的には良いのかどうかという問題もある。
でも予想となればこれは大いに参考になる。
あんな時計が出る馬場に対応できる馬となれば、答えは案外早く見つかった。
⑤スワーヴリチャードと⑪シュヴァルグラン。
昨年もこのレースに出走してそれぞれ3着、4着だった。
そのレース以降もスワーヴはドバイで3着、宝塚記念3着などまだまだ衰えは無い。
シュヴァルも同様今年は海外を転戦。
ドバイでは2着でスワーヴにも先着。
今年もこの2頭に関しては力の衰えは無いと見る。
この2頭以外から探すとしても時計的な裏付けが無いのと、成績的にも「GⅠでは善戦」レベルか。(→失礼)
だったらもうこの2頭で良くね?って話。
冒頭でも述べたとおり、この2頭のジョッキーだけはジャパンカップに相応しい腕を持った外国人ジョッキーやしね。
…あ、日本馬及び日本人騎手をディスってるワケじゃないで。
オレの一番の理想は一流外国馬&一流ジョッキーを日本馬&日本人ジョッキーが負かすところを見たいだけ。

【買い目】
◎⑤スワーヴリチャード
〇⑪シュヴァルグラン
上記2頭のワイド1点

↓競馬ランキング参加中。
スポンサーサイト



テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://salakeiss.blog87.fc2.com/tb.php/2544-becdecdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)