サラリーマン的競馬予想 Second☆Stage

理論?法則?サイン?いえいえ、頼りになるのはやっぱ直感でしょう! そんなサラリーマンによる素人予想です。

中京11R 第18回チャンピオンズカップ(GⅠ)

強豪が揃ったチャンピオンズカップ。
まさに日本のダート競馬界トップホースが揃いましたな。
ここに外国馬とか地方馬の強いのが参戦してくれたらもっと盛り上がるのにな。
最近じゃジャパンカップにも「ろくなの」が来ない現状、日本競馬のレベルが上がったからだと嬉しく思う反面ちょっと寂しい気もする。

さて予想。
まさに群雄割拠。
前日発売終了時点で単勝1番人気で5.3倍。
そして単勝一桁台が6頭。
まさにファンも頭を悩ませているんだろうね。
オレも悩みに悩んだ挙句、◎は②ケイティブレイブに。
デビュー以降ダート戦では常に堅実な走り。
昨年なんて1年に10戦もして4-4-1-1と超安定。
今年は7戦して2-1-1-3と昨年に比べるとやや見劣る感じもあるけれど、それでも内容が濃い。
夏に大井の帝王賞でGⅠ勝ち。
さらに前走のJBCクラシックでも2着と強敵相手に勝ち負け出来るまでに成長した。
数は使われているけれど、まだ4歳とこの先まだまだ成長が見込める。
来年あたりダート界の主役になっているかも知れない。
というわけで、買うならここしか無いと。
さらに個人的思い入れで、オレがシルクホースクラブの会員になって2年目に出資したシルクパスワードを管理していた目野センセ。
馬を大事に使ってくれたなぁ。
おかげで7歳まで現役を続けられたよ。
そんな目野センセも来年で定年。(ですよね!?)
JRA重賞も10年以上勝って無い。
JRAGⅠは未勝利。
そんな目野センセに最後にひと花咲かせて欲しいとの思いも込めて本命に。

相手○は⑧グレンツェント。
◎馬とこの馬とのどちらを本命にするかかなり悩んだけれど、目野センセに思い入れのある分lちょっとこの馬の評価を下げました。
それでも今回はちょっと人気下げすぎじゃないか?
ダート1,800mは5-2-0-1とまだまだ底を見せていないし、中京コースは今年の初めに東海Sで経験済み。
たった1戦とは言えコーナーがきつく、直線が長く、おまけに坂もある独特の中京コースで結果を出しているのは大きいと思うよ。
春はちょっと成績は振るわなかったけれど、夏場にしっかり休んで前走の大井のJBCでは5着と復活の兆しは見えた。
叩かれて当然上積みはあるだろうし、鞍上は何と言っても世界一のボウマン騎手ですよ。
先週はジャパンカップを勝ってまさに乗りに乗ってる騎手ですよ。
馬の勢いもさることながら、騎手の勢いってもの大事やからね。

穴☆は③ミツバ。
前走のJBCは松山騎手のナイス騎乗。
それでも強敵相手に3着はこの馬も力を付けている証拠。
使いに使われ32戦。
ここに来てようやく本格化の兆しか!?
成績にムラはあるものの、前走並みの競馬が出来ればここでも面白い。
内枠も好材料。
これは一発の予感がしますよ。

【買い目】
◎②ケイティブレイブから馬連流し
相手
○⑧グレンツェント
▲⑭サウンドトゥルー
△⑬テイエムジンソク
×⑨ゴールドドリーム
☆③ミツバ

↓競馬ランキング参加中。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

東京11R 第37回ジャパンカップ(GⅠ)

今年も寂しいジャパンカップとなりました。
どこが?
当然外国馬の話ですよ。
オレが競馬を始めた23年前くらいにはジャパンカップには欧米の一流馬が参戦してきましたよ。
それが近年はどうですか?
失礼ながら言わせてもらうと
「遠征費はJRA持ちだから負担少ない上に高額賞金だから勝てばラッキー」
みたいな馬ばかり。
予想する上では「外国馬は真っ先に消し」に出来るから楽ではあるのだが、これで国際G1だからやっぱり寂しいわな。

今年も当然外国馬はアウトオブ眼中なので◎は⑫サトノクラウン。
昨年優勝のキタサンブラックも当然強いと思うけれど、あのどろんこ馬場でキタサンを追い詰めた前走の天皇賞。
もしも良馬場だったら勝っていたのでは?と思えるほどの内容だった。
昨年暮れには香港のG1を勝っているし、今年は宝塚記念でキタサンに勝っている。
まだ勝負付けは済んでいないとオレは思っている。
ましてや鞍上のM.デムーロは今年G1を6勝と絶好調。
しかも全て違う馬で勝ってるんだからすばらしい。
デムーロが乗るようになって4戦目。
そろそろキタサン攻略法もデムーロの中で出来上がっているんじゃないかな。

相手○はキタサンブラック。
これまでの実績を考えると多くは語る必要はあるまい。
強さは認める。
だが、オレは穴党。
1番人気馬を◎には出来ないからこの評価。
ただそれだけ。

穴☆は⑨レインボーライン。
前走の天皇賞で3着。
正直あそこまで頑張れるとは思わなかったね。
さすが道悪の鬼ステイゴールド産駒。
でも、レース後改めて成績を見直すと、道悪で無くても結構良い成績だったりする。
菊花賞2着を筆頭に、昨年のJCではキタサンとはコンマ6秒差。
そして宝塚記念5着に前走の天皇賞秋3着と一線級相手に善戦している。
これは穴馬券の鉄則「実力馬の人気薄」だと確信。
幸い今回もあまり人気が無い。
そして鞍上は怖い怖い岩田ジョッキー。
一発ムードが漂いますよ。

【買い目】
◎⑫サトノクラウンから馬連流し
相手
○④キタサンブラック
▲①シュヴァルグラン
△⑧ソウルスターリング
×⑬シャケトラ
☆⑨レインボーライン

↓競馬ランキング参加中。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

京都11R 第34回マイルチャンピオンシップ(GⅠ)

競馬歴24年目のオレです。
この間、マイルCSの馬券は20回買いました。
そして当たったのはたったの1度だけ…。
ちなみに同じく古馬マイルGⅠの安田記念も当たったことがあるのは1度だけ。
要するにオレの長い競馬歴の中で、GⅠレース的中率ワースト同率1位がマイルCSと安田記念、すなわちマイルのGⅠなのです。
理由はなぜだか分からないけれど、とにかくこの流れは今年こそ変えたいところ。

◎は⑪エアスピネル。
過去、この馬を◎にしたことは無いと思う。
なぜ?
鞍上は「買うと来ない武豊」のジンクスでお馴染みの武豊騎手だったから。
そして「買わないと来る武豊」の逆ジンクスに散々痛い目に遭ってきた(涙)
が、今回は武豊騎手の負傷によりムーア騎手に乗り替わり。
だったらこれは買いでしょ!!
(でも、武豊騎手は今週すでに怪我からすでに復帰して普通に騎乗してるのにね。これは裏で何かあるか!?)
いずれにせよ、京都実績もマイル実績もあるこの馬に頼れる世界のムーア騎手。
まさに鬼に金棒。
買わない理由がオレの中に見当たらない。

相手○は⑫イスラボニータ。
堅実な成績。そして昨年2着、一昨年3着とこのレースでも結果を残している。
前日発売終了時点で単勝1番人気も納得。
が、逆に言えば勝ちきれない。
GⅠを勝つ何かが足りないんだろうね。
今回も大敗はしないだろう。
が、優勝まであるかと言われたらそれも疑問。
それなりに骨っぽい伏兵馬も揃っているしね。
近年はそこそこ荒れるレースでもあるマイルCS。
過信は禁物の典型的馬だとしてこの評価までしか出来ません。

穴☆は⑨レーヌミノル。
忘れちゃいけない今年の桜花賞馬ですよ。
桜花賞後はちょっと精彩を欠いているけれど、それがもし距離にあるとしたらどうでしょう。
桜花賞後は中距離で結果は出ていないけれど、桜花賞を含め桜花賞まではマイル以下で堅実な走り。
同世代とは言え牡馬相手にも重賞で勝ち負けしているしね。
マイル戦の今回は当然見直しは必要でしょう。

【買い目】
◎⑪エアスピネルから馬連流し
相手
○⑫イスラボニータ
▲⑱ペルシアンナイト
△⑦レッドファルクス
×⑤サトノアラジン
☆⑨レーヌミノル

↓競馬ランキング参加中。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

京都11R 第42回エリザベス女王杯(GⅠ)

さあ今日から7週連続GⅠ(+おまけのホープフルSで8週連続か?)ですよ!!
こうなるとあっという間に年末だわ。
秋のGⅠはこれまで4戦未勝利。
今週からの怒涛のGⅠラッシュに向けて、ここで当てて良い流れを作っておきたいものです。

◎は⑫スマートレイアー。
エリザベス女王杯は3歳、4歳が強いレース。
ましてや過去10年、7歳馬が勝ったケースも皆無。
(そもそも何頭出ていたのかは知らないが)
でもね、オレから言わせたら勝った(強かった)馬がたまたま3歳、4歳馬が多かっただけでしょって話。
出走数も恐らく一番多いんじゃないかな?
スマートレイアーは7歳にして牡馬と互角にレースをしているお馬。
短距離ならいざ知らず、中距離戦で牡馬と互角に走れるなんて相当の高い能力の持ち主。
前走の京都大賞典だって決して相手に恵まれていたワケでも無い。
素直に実力を評価しての◎。

相手○は⑯ヴィブロス。
外枠が気になるものの、何てったってドバイターフの勝ち馬ですよ。
世界に通用した実力は素直に評価すべきでしょ。
ただ、今回は初距離。
2,000mの秋華賞を勝っているとは言え、このわずか200mの延長が大きく影響するケースだってある。
馬券的にも人気を背負っている分軸にしてもオイシイ配当にはならない。
穴党としてはここまでの評価やね。

穴☆は④クロコスミア。
メンバーを見るに恐らく単騎逃げ濃厚。
この距離は初めてなだけにいくら逃げ先行有利な京都とは言えGⅠで逃げ切りは可能なのか?という不安はあるものの、だからこそ来たら大きい。
だからこそ穴馬。
ジョッキーも京都を知り尽くした和田騎手。
人気薄で上位に持ってくることも多々。
前走府中牝馬Sで強力なメンバーを相手に逃げ切り。そして2連勝。
この勢いなら今回も…という可能性は大いにある。

【買い目】
◎⑫スマートレイアーから馬連流し
相手
○⑯ヴィブロス
▲⑪ディアドラ
△⑰ルージュバック
×⑥リスグラシュー
☆④クロコスミア

↓競馬ランキング参加中。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

東京11R 第156回天皇賞・秋(GⅠ)

先週の菊花賞は台風の影響でかなりのタフな競馬だった。
勝ち時計が今年の京都3200mの天皇賞・春より6秒以上も遅いんだからそのタフさを物語っていた。
そんな過酷なレースが今週も!?
またまた台風が接近です。
今の日本のパンパンの高速馬場での競馬も疑問ではあるが、あまりタフな馬場での競馬も馬への負担を考えるとちょっと心配。
好天の競馬日和…なはずの10月で2週連続この天候は仕方無いとは言えちょっと残念。

そんな天皇賞で◎は④リアルスティール。
先週の菊花賞を教訓に雨での荒れ馬場では血統重視…なんてことはほぼ考えません。
結局どんな馬場であれ「強い馬が勝つ」んですよ。
それが日本競馬の最高格付けであるGⅠだ。
昨年は安田記念11着から休み明けぶっつけ本番で2着。
これは力がある証拠。
今年は7ヶ月振りのレースとなった毎日王冠でキッチリ差し勝ち。
状態は昨年以上と言えるだろう。
ドバイで世界の強豪相手に勝利もしたこのお馬。
ここでは十分勝ち負け。

相手○は②サトノクラウン。
昨年このレースでは15頭立て14着とブービー。
でも、このレースから馬が変わったね。
続く香港ヴァーズで海外GⅠ勝ち。
帰国初戦の京都記念で勝利。
大阪杯はキタサンブラックに破れたものの、宝塚記念で優勝。
まさに今が充実期。
今回はその宝塚記念以来のぶっつけ本番な分この評価にしたけれど、基本休み明けも苦にしないタイプなだけに◎を逆転も十分ある。

穴☆は⑫ステファノス。
2014年の富士S優勝以来実に3年間勝ち星から遠ざかっている。
が、その後のレース内容は常に堅実。
いつ勝ってもおかしくは無いんやけどなぁ。
過去2年の天皇賞・秋でも一昨年2着、昨年3着と健闘してるし。
その2年はいずれも毎日王冠をステップに本番へ。
でも今年はそのパターンを替えてオールカマーからここへ。
毎日王冠からなら中2週。
オールカマーからなら中4週。
この2週の差の調整が吉と出れば今年こそは何とかなるかも知れない。

【買い目】
◎④リアルスティールから馬連流し
相手
○②サトノクラウン
▲⑦キタサンブラック
△⑭サトノアラジン
×⑤ヤマカツエース
☆⑫ステファノス

↓競馬ランキング参加中。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

FC2Ad