サラリーマン的競馬予想 Second☆Stage

理論?法則?サイン?いえいえ、頼りになるのはやっぱ直感でしょう! そんなサラリーマンによる素人予想です。

小倉11R 第52回北九州記念(GⅢ)

8月11日より始まった10日間の夏休み。
とうとう今日で終わります…。
小中学生の頃、夏休みはおよそ40日間もあった。
でも、最終日にこんなに憂鬱気分になっただろうか!?(もう覚えて無いけど)
この憂鬱気分を少しでも打破するのは馬券的中しか無いでしょ!!

しかしこれまた難解なレース。
正直普通に考えても当たる気がしない反面、こういう難解なレースだからこそ当たればきっと憂鬱気分も少しは紛れるはず。
◎はアイビスSDに引き続き②アクティブミノル。
アイビスSDの時にも書いたけど、確実にブリンカー効果が出ていますな。
初めてブリンカーを着けて出走したCBC賞で3歳時にセントウルSを勝って以来となる馬券圏内(3着)。
その効果も期待して狙った前走アイビスSDも4着。
確実に効果ありですな。
例年はこの時期になると芝の内側が傷んで外差し有利だが、今年は雨も少なく馬場は未だに内側もそう悪くは無い。
だったら例年の傾向は無視して、内枠が当たった逃げたいこの馬を素直に狙ってみたい。
もともとセントウルSを勝つほどの実力馬。
今回のメンバーならチャンスあり。

相手○は⑬キングハート。
やっぱり近走の安定感から外せないわな。
前走の函館SSも惜しい2着。
鞍上の20年目のベテランジョッキー中谷騎手も初重賞制覇がもう手の届く目の前に来ており気合が入ることでしょう。
ただ、レース間隔が約2ヶ月あるとは言え涼しい函館から残暑厳しい小倉への転戦。
ちょっと馬への負担は大丈夫かな?という心配はある。
夏のこの時期はいわゆる「見えない疲れ」ってのが一番気がかりなのでこの評価までにしておいく。

穴☆は⑥ナガラオリオン。
8歳のベテラン馬がこれまでたったの2度しか芝を走っていない。
まあ一般的にはダート馬ですわな。
実際ダートでは6勝も挙げてますし。
ただ、2回走った芝は3着、5着といずれも掲示板。
実は適性があったりする!?
これだけ混戦メンバーや。
まったく芝がダメというワケには無いこの馬にも十分チャンスはある。

【買い目】
◎②アクティブミノルから馬連流し
相手
○⑬キングハート
▲⑨ダイアナヘイロー
△⑧ファインニードル
×⑯バクシンテイオー
☆⑥ナガラオリオン

↓競馬ランキング参加中。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

新潟11R 第52回関屋記念(GⅢ)

データを取ったワケでは無いが、サマーマイルシリーズの中京記念からの参戦組はここでは振るわない気がする。
中2週のレース間隔がこの暑い時期には厳しいのか。
今回は中京記念以外からの参戦組を中心に狙ってみる。

◎は⑥メートルダール。
まずは何と言っても5-1-5-2の安定感。
混戦ムードであればあるほどこういう馬は安心して買える。
重賞勝ちはまだ無いけれど、過去5回挑戦した重賞では0-0-3-2。
掲示板を外したのはセントライト記念だけ。それでも6着だからここでは格下感は無い。
左回りの走りも安定しているしここは連軸として信頼できそう。
それにデムーロが前走手綱を取った⑫ブラックムーンでは無くこちらに乗るのも魅力。
ブラックムーンも前走1番人気で3着ながらそれほど大きく負けたワケでは無い。
それほどの馬でありながらこちらを選ぶと言うのは、やはりこちらの方が能力が高いと見るべきだろうね。

相手○は⑭ロードクエスト。
忘れちゃいけない2歳時の新潟2歳Sの走り。
とても届かないような位置から余裕で差し切りました。
そんなにレース内容は記憶に残らないタイプのオレですが、このレースは今でも鮮明に覚えております。
新潟はそれ以来のレース。
休み明け2戦目で結果を残している相性の良い地で復活の勝利は十分ある。

穴☆は⑨クラリティスカイ。
忘れちゃいけない2015年のNHKマイルCの覇者。
最近は中距離を中心い使われているけれど、マイルGⅠ勝利の経験は甘く見てはいけません。
近走は勝てそうで勝てないレースが続いておりますが、久々のマイル戦で案外良い走りをしたりするもんです。

【買い目】
◎⑥メートルダールから馬連流し
相手
○⑭ロードクエスト
▲⑮ウインガニオン
△⑪ヤングマンパワー
×⑬マイネルハニー
☆⑨クラリティスカイ

↓競馬ランキング参加中。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

札幌11R 第22回エルムステークス(GⅢ)

金曜日より10連休の夏休みに突入している。
天国のような日々があと1週間も残っている。
こういう天国な日々をさらに気分よく過ごすには…馬券を当てるしかないでしょ!

◎は②ロンドンタウン。
やっぱりエルムSと言えば岩田でしょ。
過去5年で3勝2着1回ですよ!
それに今回は函館の大沼S、マリーンS組が中心のメンバーやけど、この路線の馬はすでに勝負付けが済んでいる感じ。
だったら別路線組から狙ってみた方が配当的には楽しいコトになりそう。
あと、札幌開催は「函館調教組を狙え」って最近何かで読んだ。
札幌滞在組の方が輸送が無い分一見有利に思えるけれど、函館にはウッドチップコースがある。
札幌のダートや芝での調教だと脚への負担もあって強い調教が出来ないけれど、函館のウッドなら強い調教が出来る。
輸送のリスクを差し引いても函館が有利…なんですと。
だったら函館のウッドコースで一杯に追われた最終追い切りの動きも良かったこの馬と、エルムSとの相性の良い岩田騎手とのコンビで大いに期待が持てるってもんです。

相手○は④テイエムジンソク。
休み明けから東大路S、大沼S、マリーンSと目下3連勝中。
しかも勝ち方が「強い」の一言。
前走なんて流して勝った感じやったからね。
まあ普通ならこの馬軸になるんだろうけど、それでは配当妙味がゼロ。
ただそれだけの理由でこの評価。

穴☆はホッカイドウ競馬から挑戦の⑤オヤコダカ。
門別での実績は申し分ない。
あとは中央勢との力関係だけ。
2歳時に挑戦した芝のクローバー賞は度外視するとして、統一グレードレースには過去3度出走していずれも掲示板確保。
統一グレードレースは中央でも強力なメンバーが出走してくる傾向なのでそこでの掲示板確保なら上出来。
今回のメンバーなら十分2着くらいなら有り得る。

【買い目】
◎②ロンドンタウンから馬連流し
相手
○④テイエムジンソク
▲⑩モンドクラッセ
△⑪クリノスターオー
×①コスモカナディアン
☆⑤オヤコダカ

↓競馬ランキング参加中。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

新潟11R 第9回レパードステークス(GⅢ)

真夏の3歳ダート重賞。
オレ的には3歳重賞は人気を過信すると痛い目に遭うイメージ。
だって、オープンと言いながらせいぜい2勝3勝の馬ばかり。
このまま生涯勝てずに終わる馬もおれば、4勝5勝と積み上げていく馬もいる。
早い話が現時点では良く分からんと言う話。
が、このレパードSはちょっと色合いが違う。
過去8回、1番人気か2番人気しか勝っていないレース。(1番人気が5-1-2-0、2番人気が3-1-1-3)
3番人気も勝ち星こそ無いものの、2着が3回と上位人気決着がほとんど。
これは穴党には厳しい傾向…。

今回は人気は⑤エピカリスと⑮タガノディグオの2頭。
実績断然の⑤エピカリスが前日発売終了時点で単勝1.6倍のダントツ人気。
だが、穴党の微々たる抵抗として◎は⑮タガノディグオにする。
「配当が見込める」ってのも当然理由の一つなのだが、エピカリスはドバイ→米国と海外遠征帰りの初戦。
しかも、前走は出走取り消しと、その影響が無いか若干の不安が残る。
体調が元通りならアッサリと勝つだろう。
まだ完全では無いなら着外もあるだろう。
それは走ってみるまで分からない。
ならばダートでまだ底を見せていない安定感で⑮タガノディグオを買いたい。

相手○は当然⑤エピカリス。
先にも述べたように、体調が完全に戻っておれば当然アッサリ勝利も十分ある。
だが、それが走ってみるまで分からないだけに、配当も考えて軸にはしない。
オレは穴党ではあるが、強い馬が強い勝ち方をするのを見るのはキライでは無い。
馬券度外視でこの馬が勝った時は素直に拍手を贈りたい。

穴☆は③イブキ。
何と言っても初ダート。
古馬ならちょっと手を出しづらいけれど、3歳戦なら話は別。
芝で好走しているからと言って、ダート適性が低いとは限らない。
ダートに変わればもっと走るかも知れない。
それがキャリアの浅い3歳馬の未知でかつ面白いところ。
ここで好走なら次は当然人気。
買うなら今回しか無い。

【買い目】
◎⑮タガノディグオから馬連流し
相手
○⑤エピカリス
▲⑫ハルクンノテソーロ
△⑭テンザワールド
×⑥スターストラック
☆③イブキ

↓競馬ランキング参加中。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

小倉11R 第53回小倉記念(GⅢ)

夏の小倉名物と言えば?
そうですね、小倉記念ですね!
毎年このレースが来ると「ああ、もう夏も折り返しだなぁ」と感慨深くなるのです。
シャカシャカ鳴くクマゼミの声に混じり、夏の終わりを告げるツクツクボーシの鳴き声もそろそろ聞こえ始めるこの季節。
夏の思い出にしっかり当てておきたいね!

◎は③ヴォージュ。
準オープンを2連勝して挑んだ前走の七夕賞。
3番人気を大きく裏切る結果(12頭立て9着)となってしまったけれど、逆に穴党のオレからしたらオイシイ話。
案の定の人気落ち。
まだ準オープンを勝ってすらいない②タツゴウゲキにすら人気で負けている。
他にも準オープンを勝った馬が人気の中心の今回のメンバー。
そんな中でこの馬だけが人気落ちはまさに願ったり叶ったり。
2,000m戦の実績はメンバー随一の5勝。
持ち時計もここでは十分勝ち負けできるレベル。
オープン2戦目でクラス慣れも当然見込めるし、これはオイシイ穴馬券の使者となるだろう。

相手○は⑩ストロングタイタン。
前走は圧巻のレコード勝ち。
もうアカンと思われたところから再度伸びて差し返した根性はお見事だった。
暑い時期だけに反動が心配やけど、前走が5ヶ月の休み明けだったことを考えたらむしろ上積みの方が大きいか。
小倉で3勝を挙げている愛称の良さも魅力。
人気はしているけれど、ここは外せないかな。

穴☆は⑫クランモンタナ。
何と言っても昨年の覇者ですよ。
結果が出ないのでここ2戦は障害に転向。
前走は障害でも初勝利を挙げたあたり、まだまだ力の衰えは無さそう。
一旦障害転向後に平地に戻って快進撃なんてのは良くあるケース。
今回も要注意。

【買い目】
◎③ヴォージュから馬連流し
相手
○⑩ストロングタイタン
▲⑧サンマルティン
△⑥ベルーフ
×⑤フェルメッツァ
☆⑫クランモンタナ

↓競馬ランキング参加中。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

FC2Ad