サラリーマン的競馬予想 Second☆Stage

理論?法則?サイン?いえいえ、頼りになるのはやっぱ直感でしょう! そんなサラリーマンによる素人予想です。

京都11R 第23回シルクロードステークス(GⅢ)

馬場の荒れた真冬の短距離ハンデ重賞。
おまけにフルゲートと来たもんだ。
メンバー的にも抜けた存在はおらず、まさに宝くじ感覚。
こうなると頼れるのは運だけか!?

てなワケで◎は⑧ダイアナヘイロー。
鞍上は武豊。
オレと武豊の相性は最悪で「買うと来ない武豊」のジンクスがオレの中で出来上がっている。
が、今回はあえてそのジンクスに挑む。
普通にやっても当たらないんだったら、逆に当たらないことをやってみようと言うことで。
まあ鞍上は別にしたら馬自身の実績は信頼できる。
昨年夏には4連勝で重賞も制覇。
競馬は勝つことも難しいのに4連勝はなかなか出来るもんじゃありません。
前走スプリンターズSは大敗してしまったけれど、夏場の連戦の見えない疲れがあったんじゃないかな。
あとGⅠってことでそれまで走ってきた相手とは格が違ったのかも知れないね。
が、今回はメンバー的にも十分通用。
休んでリフレッシュも出来ているだろうし、もともと休み明けは苦にしないタイプ。
そしてまだ底を見せていない(2-4-1-0)京都コース。
枠順もほぼ真ん中で好条件の揃った今回は当然勝ち負け。

相手○は①ファインニードル。
昨夏の北九州記念では◎にした⑧ダイアナヘイローを押さえての1番人気に推されたほど。
すなわち能力的には◎馬とは五分とも言える。
北九州記念では5着に敗れたけれど、その後セントウルSを勝利。
やはりスプリント能力は相当高い。
休み明けは未知数で、調教師も「目標は先で目一杯では無い」とコメントしているので◎には出来なかったけれど、素質の違いで勝ち負けは十分出来ると思っている。

穴☆は⑩ニシケンモノノフ。
まだ北海道競馬所属だった2歳時以来の芝挑戦。
今日は東京で根岸Sが組まれているのにあえてこちらに使うのはどんな狙いなのだ!?
7歳にして芝挑戦は無謀なのか勝算があるのか!?
ダートでの短距離ではトップクラス。
これが果たして芝でも通用するのか。
地方のダートGⅠとは言え前走GⅠ勝ちでハンデは微妙な57.5kg。
この「コンマ5kg」が頭を悩ませるところ。
逆に言えば未知の魅力があるということで今回は穴で狙ってみる。

【買い目】
◎⑧ダイアナヘイローから馬連流し
相手
○①ファインニードル
▲⑨キングハート
△⑭ミッキーラブソング
×⑰ロードクエスト
☆⑩ニシケンモノノフ

↓競馬ランキング参加中。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

中山11R 第58回京成杯(GⅢ)

年末に今回と同条件のGⅠホープフルSがあったせいか、ちょっとメンバー的に500万条件戦の感じが否めない。
JRAさんは2歳、3歳重賞を乱立?しているけれど、ここにどのような価値を見出そうとしているのかオレには分からない。
馬券的には未勝利戦でも重賞でも同じだけれど、「スポーツ」として見る側としてはちょっと面白味に欠ける気がるす。
青学、東洋大、早大に日体大なんかが出る箱根駅伝と、知らん学校ばかりが走る箱根駅伝のどっちが面白いんですか!?って話ですよ。
ちなみにオレが箱根駅伝は一度も見た事が無い(なんじゃそりゃ)

そんなこんなで500万条件を予想しているような重賞京成杯。
逆に言えば波乱も十分あると言うこと。
◎は⑦エイムアンドエンド。
前走は未勝利戦ながら勝ちっぷりが優秀。
デビュー戦も重馬場で3着とパワーのあるところも見せている。
父エイシンフラッシュは2010年のこのレースの勝ち馬でもあるし、2010年皐月賞2着、2011年有馬記念2着と中山コースで実績を残した馬でもある。
そんな血を引くこのお馬。
初めての右回り、始めての中山コースながらもこなせる下地はあると思う。
それでいて人気はそれほどでも無い感じ。
これは買うなら今しかない。

相手○は⑮ジェネラーレウーノ。
何と言っても前走今回と同じ距離・コースの葉牡丹賞を勝っている。
今回出走の15頭中たったの3頭しかいない2勝馬のうちの1頭。
実績面からもここは素直に買い。
ただし、2勝がともに逃げで実績を残しているこのお馬が大外枠。
そして今回は同型馬が内枠にいる。
そのあたりの兼ね合いが微妙な感じなのでこの評価までにした。

穴☆は⑫タイキフェルヴェール。
このお馬も2勝馬。
ただし2勝ともダート。
血統的にもダート向きな感じなので普通なら買えないけれど、そこがキャリアの浅い明け3歳馬。
決め付けるにはまだ早い。
実際未勝利戦ながらも芝で2着の実績もある。
2勝という実績でこの人気なら穴で狙ってみる価値はある。

【買い目】
◎エイムアンドエンドから馬連流し
相手
○⑮ジェネラーレウーノ
▲②コスモイグナーツ
△⑤コズミックフォース
×⑪ライトカラカゼ
☆⑫タイキフェルヴール

↓競馬ランキング参加中。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

京都11R 第56回京都金杯(GⅢ)

1年の計は金杯にあり!

もう聞き飽きるくらい聞いている競馬ファンお馴染みの言葉ですな。
発走時間的にはすでに中山金杯が終わっているが、予想している現時点では中山金杯が当たってるかどうかなんて当然分かりゃしない。
当たってたら当たってたでここも当てたいし、ハズレてりゃ何としてでもここを当てたい。
すなわち金杯っつーのはそれくらい縁起物なんですよ。

そんな金杯を当てる術は?
そりゃ確率から考えたら当然「複勝」でしょ。
ただ、中山金杯の予想記事でも長々と書いたように、1番人気や2番人気の複勝を買ってもそんなの面白くもなんとも無い。
やっぱり馬券での「初夢」も見たいじゃないですか。
つーわけで複勝を買うからにはそこそこ穴っぽい所を狙いたい。

中山金杯に続く京都の福の神ならぬ「複の神」として◎⑪キョウヘイを信じたい。
明け4歳。
これからが競走馬として脂が乗ってくる時期ですな!
それを示すかのようにダービー出走後に夏を使わず休んで秋。
これが功を奏したか初めて古馬を相手に走ってオープン特別とは言いつつもここまで3戦連続掲示板継続中。
中でも秋初戦のポートアイランドS、そして前走のリゲルSは人気薄での好走。
距離はいずれもマイル戦。
やっぱりこの馬はこれくらいの距離がベストなんでしょうよ。
昨年のこの時期、今回と同じ京都のマイル重賞シンザン記念の優勝馬でもある。
時期的、コース的なものは苦にしないことは実証済み。
そしてハンデ55kgは今回出走する同世代の馬を比較しても有利。
ここは更なる激走を期待できそうだ。

【買い目】
◎⑪キョウヘイの複勝1点。

↓競馬ランキング参加中。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

中山11R 第67回中山金杯(GⅢ)

2018年の中央競馬のスタートです!
競馬ファンの皆様、新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

つーわけで新年1発目の競馬。
例年なら1月5日が初日のところを今年は6日である今日から開催。
暮れの有馬記念の後にホープフルSっつー存在価値の良く分からん2歳GⅠを開催してみたり、最近のJRAの試行錯誤っぷりにはちと疑問も…。

それはさておきまずは金杯を言えば縁起物。
やっぱりどんな形であれ当てていい気分になりたいよね。
でも、今年最初の競馬。
運試し的意味も含めて夢も狙いたいよね。

つーわけで今日は複勝勝負!

複勝をバカにしちゃいけません。
例えば1,000円使うにしてもですよ、複勝で2倍付けばバックは2,000円。
それを100円ずつ馬連10点買いなんてしようもんなら2,000円払い戻しを受けようと思えば最低20倍以上狙わにゃならんのですよ。
これは正直ハードルが高い。
それに今回は17頭立て。
複勝なら単純に的中率は17分の3。
方や馬連なら136分の1。
これはどう考えても複勝の方が効率が良い!

つーわけで今回の複勝勝負は◎⑪ストレンジクォーク。
2走前、3走前が2桁着順だったせいか前走は7番人気の低評価。
そんな評価をあざ笑うかのように先行して抜け出しの理想的パターンで優勝。
2走前、3走前が2桁着順だったとは言えいずれもマイルや1800でのもの。
実績(4-3-1-2)が示すとおりやっぱりこの馬は2,000mが合っているんですよ。
さらに中山コースでも3-3-2-2と得意のコース。
これまではどちらかと言えば中団やや後ろからの競馬が多かったが前走は先に述べたように先行抜け出し。
こういう競馬が出来るようになったのは大きいですよ。
得意距離、得意コース。前走を勝って勢いもある。
そんな中での今回も(今のところ)低評価。
まさに複勝で買うには持って来い。

福の神ならぬ「複の神」としてこの馬に期待やで!

【買い目】
◎⑪ストレンジクォークの複勝1点

↓競馬ランキング参加中。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

中山11R 第10回カペラステークス(GⅢ)

今日は香港で4つのGⅠレースがあります。
国内でも2歳牝馬チャンピオン決定戦、阪神ジュベナイルFがあります。
すなわち、5つのGⅠが楽しめる日であります。
今年は香港の4つのGⅠ全レースに日本馬が参戦。
…でも、昨年調子こいて香港のレースを買ったものの結果はサッパリ。
今年は大人しく国内レースに専念。

◎は⑭ブルミラコロ。
何とってもダートではまだほとんど底は見せておりません。
ダートで負けたのは3歳時と今年の年始の根岸Sのみ。
しかも3歳時の負けは昇級初戦だったし結果は4着だったので事実上の大敗は根岸Sのみ。
根岸SはフェブラリーSの前哨戦でもあるから今回と同じGⅢの格付けとは言えちょっと相手が強かったか。
逆に言えばここなら通用するだろうと思う。
最終追い切りは栗東坂路で馬なりで51秒台。
ダート短距離戦は素直に坂路調教の時計を信じて良いとオレは思っている。
前日発売終了時点で1番人気も5.6倍のオッズなら買いでしょ。

相手○は④ニットウスバル。
今年に入って成績が安定。
オープン特別なら常に上位争いの常連になった。
今回は重賞とは言えそれほど強力なメンバーはおらず。
そして流れも速くなりそうでこの馬の差し脚が活きる展開になりそう。
中山コースも苦にしていないので、ここは初重賞制覇のチャンスでしょ。
ちょっとレース間隔が詰まっているのが気がかりで、見えない疲れが影響しそうな予感もするので悩んだ結果対抗評価までに留めた。

穴☆は③キタサンサジン。
最近の成績はちょっと残念な感じやけども、16着→10着→6着と使いつつ調子を上げてきている。
そして中山コースは0-2-0-0と隠れ巧者。
このコースなら見直しも可能じゃないか。
坂路調教でも51秒台を出しているし、しっかり追える地方競馬出身の柴山騎手に替わるのもプラス材料。
一発ムードがプンプンしますよ。

【買い目】
◎⑭ブルミラコロから馬連流し
相手
○④ニットウスバル
▲⑧ブルドッグボス
△⑬サイタスリーレッド
×⑮スノードラゴン
☆③キタサンサジン

↓競馬ランキング参加中。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

FC2Ad